スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

住宅屋根の融雪装置に発火のおそれ JFE

 JFEスチールは31日、旧川崎製鉄の子会社「川鉄ファインヒーター」(90年にKFHに社名変更、95年清算)が製造した住宅の屋根の融雪装置「FFトケール」に発火の可能性があると発表した。装置は瓦やトタンの下に設置するもので、原因は電極線など部品の劣化とみられている。

 03年以降、富山など3県で装置が原因と疑われる火事が計5件起きており、JFEは使用中止を呼びかけ、装置を無償で撤去する。対象は88~95年製の計約800~1千台で、東北、北陸、中国の各地方などに設置された。

 JFEは11月1日に専用窓口(0120・308・873)を設け、毎日午前9時~午後5時に相談を受ける。


スポンサーサイト

リコール トラックバック:0 コメント:0

<< 必修漏れ、公立私立合わせ7万3千人に | ためコムTOP | 地球温暖化防止、家庭版の愛称は「うちエコ!」 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。