スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

たまごっち“たち”と学校生活――「たまごっちスクール」

 バンダイは人気の携帯ゲーム機「たまごっちプラス」シリーズの最新作として「たまごっちスクール せーとぜーいんしゅーごっち!」を11月23日より販売する。価格は2940円。

 新製品はこれまでの製品のように、いっぴきのたまごっちを相手に、ごはんをあげたりトイレの世話をするといった育成要素を省き、ユーザーはたまごっちが通う学校「たまごっちスクール」の先生となって生徒(たまごっち)たちとコミュニケーションをとり、クラスのランクを上げていく。

 タマゴを連想させるデザインはそのままだが、操作性を向上させるために縦型から横型に変更されたほか、十字キーも搭載。“学校”をイメージさせる名札風のストラップも付属する。サイズは75(幅)×63(高さ)×16(厚さ)ミリ。

 クラスのランクを上げるには、「生徒の数」「ごっち値」の2つを上げることが必要。生徒数はクラスへ見学へ来たたまごっち(新キャラクター含めて130種類上が登場)へ言葉をかけたり、生徒からの質問に答えることでアップする。「ごっち値」は国語/算数/理科をモチーフにした6種類のゲームをクリアしていくことでアップする。

 搭載する通信機能で、既存シリーズ製品の「超じんせーエンジョイ!たまごっちプラス」ないし「ウラじんせーエンジョイ!たまごっちプラス」で育てたたまごっちを“転入生”として迎えることができるほか、本製品同士で「黒板消し競争」「給食早食い競争」などのゲームで対戦して楽しむこともできる。

 そのほか、イベントなどで設置される「じゅくたまごっち」から転入生を迎えるたり、玩具店の店頭などに置かれている「たまごっちステーション」との通信機能も備えている。


スポンサーサイト

ゲーム トラックバック:0 コメント:0

<< 「アナウンス効果」とNHK…受信料支払い大幅増 | ためコムTOP | 有働アナ密会スクープ!?石田衣良氏と肩寄せ合い親しげに >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。