スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

将来の年金額、全員に通知 50歳以上には見込み額

 老後に受け取る公的年金の見込み額や納付記録を、政府が加入者全員に通知する「ねんきん定期便」の概要が固まった。50歳以上の人には最終的な年金見込み額を知らせ、見込み額の算定が難しい50歳未満の若い世代には目安がわかる早見表を同封して将来の年金額をイメージできるように工夫する。いくらもらえるかわかりにくいことが、年金への不信感や保険料の未納につながっている現状を改善し、制度への信頼を取り戻すねらいがある。

 24日、柳沢厚生労働相が原案を報告し安倍首相が了承した。

 ねんきん定期便は、安倍首相が9月末の所信表明演説で「親切で国民にわかりやすい年金制度を確立」するため早期に整備すると明言していた。

 年金の個人情報通知は04年の年金改革で08年4月から実施することが決まっていたが、55歳以上の加入者に対しては実施時期を早め、07年末から通知を始める。

 当初は保険料の納付実績に応じて積み上がるポイントを知らせ、単価をかけると年金額が分かる「ポイント制」を導入する予定だった。しかし柳沢厚労相が「ポイントで通知するとかえって分かりにくい」と指摘。年金額そのものを明記することになった。

 全加入者に毎年1回送付する「定期便」には(1)これまでの加入期間(2)納めた保険料の総額(3)それに基づく年金額――が示される。年金は実際には25年以上加入しないと受けとれないが、それ未満の人にも、それまでに支払った保険料に見合う年金額を示す。

 これに加えて、50歳以上については、将来の収入の見通しを考慮した上で、受給開始年齢に達した時点で受け取る年金の見込み額も明記。50歳未満は、将来の年収の想定が難しいため、年収と納付期間を掛け合わせれば目安となる年金額がわかる早見表を同封する。

 公的年金の加入者約7000万人全員に定期便を送る費用は、年間約110億円にのぼる見込みだ。

 社会保険庁では現在、50歳以上の希望者に年金額を試算・通知しているほか、同庁のホームページ上には50歳未満でも加入期間や平均月給を入力すると大まかな年金額がわかる仕組みがある。政府は、年金に関心がある人だけではなく全加入者に定期便を送ることで、制度への関心を高め、年金の未納減らしにもつなげたい考えだ。


スポンサーサイト

年金関連 トラックバック:0 コメント:0

<< 光に照らされ、黄金色の葉 熊本・小国の大イチョウ | ためコムTOP | 2006/10/25 流し読み >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。