スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ディープインパクト、通常通り調教・東京競馬場

 フランス競馬の凱旋門賞での禁止薬物使用が発覚したばかりのディープインパクトは20日、東京競馬場で通常通り調教を行った。

 早朝の東京競馬場はピリピリムード。同馬を管理する池江泰郎調教師は姿を見せず、池江敏行調教助手の「僕はコメントできる立場にない。(馬をレースで)使えるように仕上げるだけ」というコメントも日本中央競馬会を通じてのものだった。

 調教は前日と同じダートコースで行われ、600メートルを40秒6、最後の200メートルを13秒3。調教助手は「乗った感じでは雰囲気は非常によく、馬なりでこの時計だからいい調教だった」という。

 登録している天皇賞・秋(29日)の出走は今後の状態を見て決める。


スポンサーサイト

ギャンブル トラックバック:0 コメント:0

<< 生保各社、変額年金にクーリングオフ導入へ | ためコムTOP | 日本ハム先発確実のダルビッシュ「仕上がりはいい感じ」 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。