スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

石田純一、杉本彩とアダルト・デュエット!狙うは紅白♪

 バラエティーで大活躍中の俳優、石田純一(52)と女優、杉本彩(38)が11月22日にデュエット曲「逆にそれって愛かもね」を発売することが18日、分かった。石田にとってCD発売は実に14年ぶり。「狙いはズバリ、大みそかのあれです」と紅白歌合戦に照準を定め、気合が入っている。バツ2とバツ1の異色カップルが、ムードデュエット歌謡で音楽界に殴り込みをかける!!





 バラエティー界になくてはならない2人が、男女デュオ「純一&彩」を結成した。

 デュエット曲「逆に-」は、「男と女のラブゲーム」「もしかしてPARTII…」に代表される昭和ムード歌謡のデュエット定番ソングを平成の世にも誕生させようと企画された。そこで指名されたのが、豊富な恋愛経験で酸いも甘いも噛み分けた離婚歴2回の石田と離婚歴1回の杉本。

 2人はレコーディングブースでアダルトムードたっぷりに絶妙のハーモニーを聴かせた。それもそのはず。平成元年にTBS系ドラマ「オイシーのが好き!」で初共演して以来、バラエティーや雑誌の対談でたびたび顔を合わせる気心の知れた仲。曲間の「逆にそれこそが、君への本当の愛なのさ」という決めゼリフは1発OKが出るほど感情移入たっぷりだった。

 石田のレコーディングは、トレンディー俳優時代の4年に発売したアルバム「EGOIST」以来14年ぶりだったが、ディナーショーで鍛えた甘い歌声でスタッフをうならせた。石田本人も「超久しぶりなので緊張したけど、狙いはズバリ大みそかの、あれです」と紅白出場にノリノリで、隣で聞いていた杉本は「えっ、そうなの?」と驚いた表情を見せていた。

 同曲は2人が共演する「はちみつきんかんのど飴」の新CMソングに起用され、6日から一部がオンエアされている。企画の経緯から発売は既定路線だったが、ノーベル製菓にCD化の問い合わせが殺到したため、急きょ“いい夫婦の日”の11月22日に発売が決定。

 歌詞には、実際に“逆の意味”でもないのに最近、老若男女の間で流行り言葉になっている「逆に」という言葉が多用され、楽しんで歌える仕掛けも施された。

 2人は音楽番組にも積極的に出演する意向というから、今年の忘年会NO.1ソングへ向けて準備は万端。その先の紅白も見えてくるというもの。ただし、発売日が紅白出場歌手の発表される直前だけに、滑り込みセーフとなりますか。


★衣装はすでに紅白モード

 紅白を意識してか、プロモーションビデオに石田は白のタキシード、杉本は胸の谷間が露わな赤のドレスで登場。ラッキィ池田氏の考案した振り付けで、手と手を取り合って華麗な社交ダンスを踊る。途中、杉本がバラの花束で石田のほおをひっぱたく過激なシーンも織り込まれ、石田は「初めて女性に殴られました。光栄です。バラですからね」。杉本も「こんなに笑いの絶えない現場は久しぶりでした」と大喜びだった。


スポンサーサイト

音楽 トラックバック:0 コメント:0

<< 木梨憲武結成の「あじさい」デビュー曲発売記念イベント | ためコムTOP | 矢沢永吉「昔も今もバリバリ」-携帯電話CMに出演 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。