スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

新型インフルのワクチン 来年にも承認申請

 北里研究所など四つの国内ワクチンメーカーは17日、新型インフルエンザの流行初期に効果が期待される新たなワクチンについて、今年度中に大規模な臨床試験を終え、来年前半にも製造承認を申請すると発表した。

 新たなワクチンは「プレパンデミックワクチン」と呼ばれ、鳥インフルエンザウイルスから分離、弱毒化して製造する。本格的なワクチンは新型インフルエンザ発生後に開発に着手、製品化には最低半年かかるといわれる。今回のワクチンはそれまでの間の対応を想定している。厚生労働省は1000万人分の備蓄を目指している。

 メーカーは04年から開発を始め、今年7月末までに360人を対象に臨床試験を終えた。5マイクログラム(マイクロは100万分の1)のワクチンを2回接種したグループには、70%以上に抗体の上昇がみられたという。

 安全性については、突発性難聴が1例あったほか、悪寒や頭痛、発熱などが一部に見られたが、ほとんどは注射部位の局所反応で、大きな問題はなかったとしている。

 メーカー側は「各国で開発中のワクチンに比べ、少量で免疫ができるところが優れており、新型への予防効果が期待できる」と話している。


スポンサーサイト

健康 トラックバック:0 コメント:0

<< 障害者雇用率、京都除く46教委が未達成 | ためコムTOP | 「悔しい」と堀江被告を強く批判 熊谷証人 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。