スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中皮腫死亡者数、42人減り911人に 人口動態統計

 アスベスト(石綿)が主な原因とされるがんの一種「中皮腫(ちゅうひしゅ)」による死亡者が05年は911人で、04年より42人減ったことが厚生労働省が8日公表した人口動態統計で分かった。内訳は男性722人、女性189人。都道府県別では90人の兵庫が最多で、大阪(87人)、神奈川(80人)、東京(73人)の順だった。

 中皮腫による死亡者数は95年の統計開始以来、98年を除き増え続けており、同省は「05年はインフルエンザでの死亡者数が多く、中皮腫を患っていても直接の死因はインフルエンザというケースがあったのではないか」と、減少は一時的なものとみている。石綿使用量のピークは70年代前半で、潜伏期間は平均43年程度とされるため、アスベスト関連疾患研究センターは「死亡者数のピークは2010年以降」と予想している。

スポンサーサイト

アスベスト トラックバック:0 コメント:0

<< ドゥカティ749Rでキャッシュバック | ためコムTOP | 日産、欧州向けSUV「キャシュカイ」を発表 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。