スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

元社員の補償金年齢制限を撤廃 石綿被害で三菱重工

 アスベスト(石綿)による健康被害問題で、三菱重工業(本社・東京都港区)が、「80歳まで」としていた元社員に対する企業独自の補償金の年齢制限を撤廃していたことが分かった。

 同社はこれまで、労災や石綿による健康被害救済法の認定を受けた元社員について、退職後80歳までに死亡した場合、遺族に補償金と弔慰金計2200万円を支払っていた。このため81歳以上で亡くなった横浜市内の元社員ら2人が支給対象外になっていたが、同社は今年8月に石綿の補償に関する社内規則を見直し、この2人も対象とすることにした。同社で石綿による労災認定などを受けた社員や退職者は06年6月現在で90人。

スポンサーサイト

アスベスト トラックバック:0 コメント:0

<< 少子化対策関連は1兆6745億円 来年度予算概算要求  | ためコムTOP | アスベスト被害、23年前に把握 大阪・泉南 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。