スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

KDDI 会員情報400万人分流出 「DION」内部漏洩か

 KDDIは13日、同社が運営するインターネット接続サービス「DION」の会員情報約400万人分が流出したと発表した。企業の顧客情報流出では一昨年2月に発覚した「ヤフーBB」の約450万人に次ぎ、昨年4月の個人情報保護法の全面施行後では最大規模。警視庁捜査1課は同日、情報が記録されたCD-Rを入手し、同社から現金を脅し取ろうとした恐喝未遂容疑で、いずれも職業不詳の箕村明夫(57)=川崎市中原区、鳥居朗彦(47)=足立区=の2容疑者を逮捕した。
 KDDIによると、流出したのは平成15年12月18日時点の全顧客情報399万6789人分で、氏名、住所、連絡先電話番号など。2万6000人分の性別、9万8000人分の生年月日、44万7000人分の連絡先メールアドレスも含まれる。DIONメールアドレス、パスワード、口座番号などの信用情報、通信記録は別のシステムで管理されており漏れていないという。
 情報は個人情報を管理するシステムに接続された186台のパソコンから漏れた可能性が高いが、インターネットには接続されていないため、同社では「業務委託先を含む内部関係者による漏洩(ろうえい)と考えざるを得ない」(小野寺正会長兼社長)とみている。当時、システムに接続できたのはKDDI社員48人、委託先社員177人だが、アクセス記録はすでに残っていない。
 一方、鳥居容疑者は調べに対し、「情報は友人からもらった。KDDIで仕事がもらえるとのことだった」と供述。捜査1課は、社内関係者が関与した疑いがあるとみて、入手経路を追及する。
 調べでは、箕村容疑者らは先月30日、KDDIに「440万件から450万件の顧客情報を入手した。どう対応するのか」と電話。今月に入って3回来社し、役員らに数十万人の顧客情報が記録されたCD-Rと、USBメモリーに入った約400万件のデータを示し、500万円以上を要求した疑い。
 KDDIでは、流出が確認された顧客に対しておわびのメール、文書を送付するとともに、専用窓口(フリーダイヤル0077・78・9100)で問い合わせに応じる。
(産経新聞)

スポンサーサイト

個人情報 トラックバック:0 コメント:0

<< 不具合情報は社外秘…エレベーター業界は密室体質 | ためコムTOP | 「ぷらら」がウィニー遮断サービス >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。