スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

パナソニック、デジタルチューナーを搭載した初のVHS一体型モデルなど、DVDレコーダー「DIGA」4機種を発売

 松下電器産業は、HDD内蔵DVDレコーダー「DIGA」シリーズの2005年秋モデル4機種を発表。10月1日より順次発売する。

 「DMR-EX200V」は、VHSビデオ一体型モデルとしては初となる、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを搭載したのが特徴。250GBのHDD/DVD/VHSに加え、デジカメ写真の再生が可能なSDカードスロットを備えた1台4役の「4in1レコーダー」構成となっている。デジタルハイビジョン放送を高画質のままHDDに録画・再生できる独自の高画質技術「PEAKSプロセッサー」を搭載。映像のスタンダード信号をハイビジョン信号に変換する「ビューティ・リアライザー」や、デジタル伝送が可能なHDMI端子を搭載しており、DVDも高画質に録画・再生することが可能だ。従来モデルで好評を得ている、デジタル/アナログ放送の2番組同時録画が可能な「デジ・アナどっちも録り」や、設置時の面倒なチャンネル設定などを音声でわかりやすく案内してくれる「かんたん音声設置ガイド」といった機能も引き続いて搭載される。

 このほか、HDD内蔵DVDレコーダー「DMR-EH66]/DMR-EH53」の2機種および、VHS一体型モデル「DMR-EH73V」もラインアップ。いずれも、200GBのHDDを内蔵するほか、LP(長時間)モードでもSP(標準)モード並みの解像度で録画できる独自の「ディーガエンジンII」や、MPEG2動画対応のSDカードスロットなどを搭載。「DMR-EH66」と「DMR-EH73V」の2機種は、BSアナログチューナーを内蔵している。価格はオープン。

スポンサーサイト

 HDDレコ トラックバック:0 コメント:-

<< ティアック、ハイエンド向け「ESOTERIC」シリーズのSA-CDプレーヤーやデジタルプリメインアンプなどを発売 | ためコムTOP | JA共済連、10億円の所得隠し 経費水増し、宴会費に >>

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。