スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

胎児標本、新たに3体判明 鹿児島のハンセン病療養所

 全国の国立ハンセン病療養所で強制堕胎などによる胎児や新生児のホルマリン漬けの標本が保管されていた問題で、鹿児島県鹿屋市の星塚敬愛園から、新たに胎児標本が3体見つかっていたことがわかった。17体が確認されていたが同園の標本数は計20体となり、全国で118体となった。これを受け厚生労働省は、全国の療養所に、再度胎児や新生児標本がないか調べるよう通知した。

 星塚敬愛園によると、3月初めごろ、職員が1体の胎児標本を発見。5月までに計3体が見つかったという。


スポンサーサイト

社会 トラックバック:0 コメント:0

<< 来春の高卒予定者の就職内定率、4年続き上昇 文科省 | ためコムTOP | 12月19日 日本初飛行の日 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。