スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

神戸空港発、新潟などANA2便廃止へ 開港1年待たず

 今年2月に開港した神戸空港(神戸市中央区)をめぐり、全日本空輸は、新潟線(往復1便)と鹿児島線(同2便)を来春以降に廃止する方針を固めた。搭乗率が3~4割台と低迷しているのが理由とみられる。設置主体の神戸市は、多くの地方都市と結ばれる「都市型空港」をめざしており、開港から1年に満たない中での路線廃止の動きは、大きな痛手になりそうだ。

 全日空の新潟線は11月末までの平均搭乗率が33.9%。1日当たりの平均利用者数は発着を合わせて85人にとどまる。鹿児島線は、全日空と日本航空が2便ずつ運航しており、両社の平均搭乗率は41.6%と伸び悩んでいた。

 国内7路線が運航している神戸空港の全体の平均搭乗率は63.2%(11月末現在)。市は開港後1年の利用者数を319万人と想定していたが、実績は11月末までで約217万人にとどまり、達成は困難な状況だ。


スポンサーサイト

暮らし トラックバック:0 コメント:0

<< NY原油、反落 | ためコムTOP | 旭硝子、新ブランド名は「AGC」 社名変更も視野 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。