スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ノロウイルス、秋田県庁「感染」 庁舎一斉消毒へ

 秋田県で、仕出し弁当を食べた県職員52人が下痢や腹痛の症状を訴えた。ノロウイルスによる食中毒が原因とみられるため、県は「庁舎が新たな感染源となり、県民にも被害を広げる」として16、17の両日、庁舎を一斉消毒する異例の措置を取ることになった。

 同県などによると、秋田市内の仕出屋で11~13日に調理された弁当が感染源となり食中毒が起きた。仕出屋の調理師などからノロウイルスが検出された。

 このため県は、県や県警など四つの庁舎のトイレ約100カ所や洗面所などを清掃、消毒する。担当課は「来訪者に二次感染の心配がある。初めてのことだ」と話した。

 ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎は全国に拡大している。国立感染症研究所によると、全国3000の小児科医療機関の1施設あたりの患者数は21.8人(11月27日から1週間)で、81年の定点調査開始以来、過去最高となっている。厚生労働省によると、青森と沖縄を除く45都道府県の293保健所管内で注意喚起の「警報」が出ている。


スポンサーサイト

健康 トラックバック:0 コメント:0

<< ノロウイルスによる感染性胃腸炎、過去最高値を記録 | ためコムTOP | NHK受信料、悪質不払い3倍請求 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。