スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

新春縁起物「えびす面」づくり追い込み 兵庫・宝塚

 新春の縁起物「えびす面」作りが、最後の追い込みを迎えている。140年前から作り続けている兵庫県宝塚市の業者「えびすしまだ」では、素焼きの面に筆で目や口を一つひとつ描き、優しい表情に仕上げている。

 面の種類は、縦横約2センチから60センチを超えるものまで多彩。熊手などに飾り付けられ、同県西宮市の西宮神社などを中心に約10万個が出荷される。えびすしまだの5代目、島田康治社長(41)は「手作りだから人間味あふれた面が出来ます」。


スポンサーサイト

トラベル トラックバック:0 コメント:0

<< 京都タワーの「たわわちゃん」、東京タワー初デート | ためコムTOP | 2006/12/15 流し読み >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。