スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

12月14日 四十七士討ち入りの日,忠臣蔵の日

1701(元禄14)年3月、
江戸城松之廊下で播磨赤穂藩主・浅野内匠頭長矩が、
幕府の礼式を司る高家筆頭の吉良上野介義央に
小刀で切りかかるという事件が起った。

浅野には即日切腹、領地没収という厳しい処置がとられたが、
吉良には一切のお咎めがなく、これが事件の発端となった。
家臣たちは主君の仇を討つ為に綿密に計画を練り、

翌年12月14日寅の上刻、大石内蔵助の率いる47人が、
本所の堀部安兵衛宅に集まり、そこから吉良邸へ討ち入った。
2時間の戦いの末、浪士側は一人の死者を出さずに
吉良の首を取ることができた。

世論は武士の本懐を遂げた赤穂浪士ちに味方し、
幕府は翌年2月4日、一同切腹という処置をとった。

スポンサーサイト

何の日? トラックバック:0 コメント:0

<< デル、66,150円の22型ワイド液晶ディスプレイ「E228WFP」 | ためコムTOP | 2006/12/14 PM INDEX >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。