スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

松下の携帯も電池破裂6件 不適切な使用が原因か

 松下電器産業の携帯電話子会社、パナソニックモバイルコミュニケーションズ(PMC、横浜市)は8日、自社製の携帯電話に使われているリチウムイオン電池の破裂が6件あったことを明らかにした。

 破裂した充電池は、NTTドコモ向けの携帯電話「P901」「P902」シリーズなど8機種に使われている「P―06」。

 破裂した充電池を電池メーカーとともに調べたところ、ストーブの近くや車のダッシュボード上のような高温になる場所に置かれていたほか、ピン状のもので刺され、強い圧力がかかっていた。その結果、充電池がショートし、破裂したという。

 PMCは「充電池の製造工程で起きた不具合や品質上の問題ではなく、高温の場所に置くなど不適切な使われ方をされたのではないか」とみている。


スポンサーサイト

電話通信 トラックバック:0 コメント:0

<< ノロウイルスQ&A改訂 厚労省が集団感染予防強化 | ためコムTOP | ばんえい競馬に「救世主」? ソフトバンク系が名乗り >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。