スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ばんえい競馬に「救世主」? ソフトバンク系が名乗り

 廃止が決定的になっていた北海道伝統のばんえい競馬に「救世主」が現れた。IT関連のソフトバンク系企業が、単独開催を模索していた北海道帯広市に支援策を提示した。同市は今後、この支援策の採算性などを検討し、最終的な存続の可否を12月中旬までに判断するとみられる。

 関係者らによると、支援策の主な内容は、ソフトバンクの子会社ソフトバンク・プレイヤーズ(本社・東京)が100%出資の新会社を設立。馬券発売や払い戻しなど、民間企業に法律で認められている大半の業務を帯広市から受託する。さらに売り上げアップのため、帯広競馬場にナイター設備を設置。系列会社がネットを活用した馬券販売などに力を入れる。

スポンサーサイト

電話通信 トラックバック:0 コメント:0

<< 松下の携帯も電池破裂6件 不適切な使用が原因か | ためコムTOP | 神戸ルミナリエが開幕 光の回廊に26万人 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。