スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

坂口博信氏、鳥山明氏ら起用 MSが起死回生のRPG

 マイクロソフト(MS)は7日、家庭用ゲーム機「Xbox360」用の新作ロールプレイングゲーム(RPG)「ブルードラゴン」を国内で一斉に発売した。国内の次世代ゲーム機商戦で苦戦中のMSが、起死回生の期待をかけたゲームソフトだ。

 開発陣に、RPG「ファイナルファンタジー」シリーズを手がけた坂口博信氏、「ドラゴンクエスト」シリーズのキャラクターをデザインする人気漫画家の鳥山明氏といった「大物」を起用。日本人好みのゲームが少ないとの指摘を跳ね返す狙い。税込み価格は7140円。360の低価格機(税込み価格2万9800円)に、無料で付ける限定セットも売り出す。

 昨年暮れに発売された360は海外販売は堅調とされるが、国内で伸び悩む。ゲーム誌大手エンターブレインによると、3日までの国内販売数は19万5000台。後発のソニー・コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション3」(19万9000台)、任天堂の「Wiiウィー)」(37万1000台)に抜かれた。

スポンサーサイト

ゲーム トラックバック:0 コメント:0

<< 電気コンセント端子のネット通信、認可差し止め求め提訴 | ためコムTOP | 携帯電話の電池が破裂 三菱とドコモが発表、三洋供給 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。