スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

電機連合、「月額2千円以上」改善要求へ 07年春闘

 電機メーカーの労働組合でつくる電機連合は、07年春闘で職種基準ベースで「月額2000円以上」の賃金改善を統一要求する方向で最終調整に入った。6日の政策委員会で議案として話し合い、来年1月の中央委員会で正式に決める。電機連合の賃金改善要求は2年連続。06年は2000円の要求だったが、07年は「以上」を入れて幅を持たせ、賃金の絶対水準が低い組合は高めの要求を掲げることもできるようにする。会社間の格差を是正する狙いだ。

 07年春闘で、連合傘下の産別組合の要求内容が具体化するのは初めて。他の産別でも今後、動きが加速する。

 電機連合は、06年春闘で「35歳技能職」「30歳技術職」の2モデルを設定し、2000円を統一要求。終盤でスト回避基準を1000円として交渉したが、妥結額は1000円と500円に分かれ、大きな課題を残した。

 こうした事態も踏まえ、07年春闘からは新しい「職種別賃金要求方式」に移行。「会社が違っても同じ仕事なら同じ賃金」との考え方で、傘下の各組合は「開発・設計職」「製品組み立て職」のいずれかを統一要求基準として選ぶ。「賃上げ幅」より「賃金の絶対水準」を重視し、要求額に幅をもたせる。

 ただ、景気が回復する中でも過当競争の電機業界は総じて低収益に苦しんでいるほか、会社間の業績格差が大きいこともあり、実際に賃金の水準や格差の改善につながるかどうかは不透明だ。


スポンサーサイト

労働 トラックバック:0 コメント:0

<< 2006/12/06 PM INDEX | ためコムTOP | 「教育基本法改正案は自民新憲法草案とも整合」文科相  >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。