スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

東京・表参道に8年ぶりイルミネーション 「和」を演出

 冬の風物詩として親しまれていた、東京・表参道のケヤキ並木を彩る光のイルミネーションが5日、8年ぶりに復活した。約1キロの参道に並ぶ約60の街路灯を半透明の箱で覆い、その内側を発光ダイオード(LED)の柔らかな光であんどんのように染め上げた。明治神宮への参道に似つかわしい「和」をイメージした。木に電球を付けるのをやめ、消費電力の少ないLEDを使うことで、木々や環境への負荷を抑えることも目指したという。

 電飾は地元の商店街振興組合などが91~98年に毎冬実施してきたが、資金難で中断していた。19の企業から協賛金を集め、再開にこぎ着けた。1月8日まで、午後5~10時(12月31日は元旦の日の出まで)点灯する。

スポンサーサイト

トラベル トラックバック:0 コメント:0

<< 「18歳」で成人? 選挙権・飲酒・喫煙まで自民検討 | ためコムTOP | スズキといすゞがリコール >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。