スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

事故死の子どもの写真をHPに無断転載 教諭を書類送検

 車の事故で亡くなった子どもの写真などを自分のホームページに無断で転載したとして、愛知県警が、東京都あきる野市に住む小学校教諭の男(33)を著作権法違反(公衆送信権の侵害)の疑いで書類送検していたことが3日明らかになった。

 教諭は交通事故以外にも、虐待や災害で死亡した子どもの遺体の写真を大量に掲載していたという。裸の写真も含まれていた。

 名古屋市緑区の片岡樹里ちゃん(当時3)の親や、97年にダンプカーにひかれて死亡した東京都世田谷区の片山隼君(当時8)の親ら、無断転載をされた各地の事故の遺族6組が4日、人の死をもてあそんだ内容だとする侮辱容疑での告訴状と児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑での告発状を警視庁に提出する。

 愛知県警生活経済課と緑署の調べでは、教諭は、保育園の屋上駐車場から転落した車の下敷きになって02年に死亡した樹里ちゃんの写真などを、親がつくったホームページから無断で自分のホームページに載せた疑い。

 教諭は、樹里ちゃんの写真2枚と身体測定の記録、図画、先生と母親の連絡帳の記述を無断転載していた。写真には「この笑顔がペッチャンコになってしまった」などのコメントをつけていた。

 遺族側によると、教諭は現在、東京都羽村市の小学校に勤務。別の小学校にいた03年1月ごろ、「クラブきっず」という名前のホームページを開き、今年11月まで運営していた。インターネットの掲示板では「三度の飯より子ども死体」と名乗って、自分のホームページを宣伝していたという。

 樹里ちゃんの母朋美さん(42)は今年8月、教諭を著作権法違反容疑で愛知県警に告訴した。朋美さんは「子どもをしのんで作ったホームページを面白半分で掲載され、ショックだった。教諭である人間が命を軽視するのは許せない」と話している。

 教諭は3日、朝日新聞の取材に対し「(遺族には)大変、心ないことをして申し訳ない」と話した。



スポンサーサイト

社会 トラックバック:0 コメント:0

<< 次世代ゲーム機対決本格化 Wii対PS3 | ためコムTOP | 事故死の子どもの写真をHPに無断転載 教諭を書類送検 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。