スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

養殖上海ガニ、水揚げがピーク 山形・山辺

 秋から冬にかけて旬を迎える中華料理の高級食材、上海ガニ(チュウゴクモクズガニ)の養殖場、山形県山辺町で水揚げのピークが始まっている。夜行性の習性を利用し、夜、池の土手に上がってくるところを手で捕まえる。年末にかけて、約2000匹を出荷する。

 休耕田を利用して02年に始めた。だが、軌道に乗りかけた今年2月、生態系に被害を与える外来種として外来生物法で繁殖が規制された。

 事業継続も危ぶまれたが、養殖場の周りにさくを張るなど逃走防止策を取り、8月に環境省の許可を得て再開した。四つの池があり、同省によると、全国14カ所の養殖池で最大規模という。養殖場の日詰勉代表(65)は「許可が遅れて今年は大きく育たなかったが、何とか旬に間に合った」とほっとした表情だった。


スポンサーサイト

トラベル トラックバック:0 コメント:0

<< 百貨店、競う福袋 団塊世代狙い超豪華 | ためコムTOP | 黄金の御堂筋 イチョウ並木、色づく >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。