スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

伝統の「たたき網漁」始まる 福井・三方湖

 江戸時代から続くともいわれる伝統の「たたき網漁」が25日、福井県若狭町の三方湖で始まった。

 漁師が舟上から4メートルほどの青竹で水面をたたき、コイやフナを驚かせて、刺し網に追い込む漁法。9隻の舟にそれぞれ乗り込んだ漁師が一斉に湖面をたたくと、勢いよく水しぶきが上がった。

 初漁となったこの日は明け方に冷え込んだものの日中は穏やかな天気。水温がまだ高いため、漁果は平年並みだったというが、網には体長80センチ、重さ8キロものコイもかかった。とれた魚は1キロ当たり約1000円で取引され、地元の民宿や旅館で料理されるほか、鮮魚店にも並ぶという。漁は来年3月末まで続く。


スポンサーサイト

トラベル トラックバック:0 コメント:0

<< 輸入豚「多くが裏ポーク」 業者証言、摘発で価格上昇 | ためコムTOP | 秋とあそぼ イチョウ並木を楽しむ家族やカップル >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。