スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「たばこ病」早期発見に向け問診実施へ 結核予防会

 患者の9割以上を喫煙者が占め、「たばこ病」とも呼ばれる肺の病気の早期発見・治療につなげようと、財団法人・結核予防会が問診を加えた健康診断を始める。10月に東京、大阪など5カ所で試験導入したのに続き、来年4月から5年間の予定で全国でも行う。

 この病気は正式には慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)と呼ばれる。40歳以上に多く、せきや息切れなどの症状が出て、呼吸機能が徐々に低下する。患者数は530万人と推定されるが、治療を受けているのは21万人とされる。


スポンサーサイト

健康 トラックバック:0 コメント:0

<< 2006/11/25 AM INDEX | ためコムTOP | 暖かい京都、紅葉も12月までもちそう >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。