スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

PSP、リモートプレイなどPS3との連携機能を追加した新ファームウェア

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)は、携帯型ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の新ファームウェア「3.00」を公開した。ゲームソフトのダウンロードなど機能拡充が図られている。

 「3.00」では、プレイステーション 3(PS3)」向けのネットワークサービス「PLAYSTATION Network」に対応。PS3経由でゲームソフトをダウンロードし、PSPでプレイできる。

 PSP向けゲーム配信は11月22日より開始され、サービス開始当初のタイトルは「BIO HAZARD DIRECTOR'S CUT」「みんなのGOLF 2」「鉄拳2」など9タイトル。いずれも価格は525円に設定されている。

 PS3との連動機能「リモートプレイ」も追加。PS3の画面をPSPに表示してコンテンツ再生などの操作が可能になる。なお、リモートプレイが利用できるのは無線LAN機能を標準搭載したPS3のみ。

 3.00以前に搭載されていた機能も拡充。Podcast機能「RSSチャンネル」は、指定した時刻に自動でインターネットに接続し、登録したコンテンツをダウンロードするタイマー設定が可能になった。タイマー機能を利用する場合はスリープモードにしておく必要があるが、ゲーム中にスリープモードになった場合はタイマー設定が利用できない。

 ブラウザ機能では、デジタルアーツの有害サイトフィルタリングサービス「i-フィルターfor PSP」を追加。インターネット利用時に悪質もしくは不適切と思われるサイトの表示を制限できる。料金は月額315円で、支払いはクレジットカードのみ。また、登録にはメールアドレスが必要になる。

 本体機能では「カメラ」が追加され、PSP専用カメラを取り付けて静止画や動画を撮影できるようになった。専用カメラはPSP向けソフト「ちょっとショット」に同梱されている。音楽機能ではビジュアライザー機能、早送り/早戻しの3段階変速機能が追加されたほか、起動時のUMD自動再生を選択できるようになった。

powerd by 楽-yah


スポンサーサイト

ゲーム トラックバック:0 コメント:0

<< エプソン、Celeron MやCore Solo/Duoが選択可能な超小型デスクトップPC「Endeavor ST100」 | ためコムTOP | 11月21日 世界テレビデー >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。