スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

富士フイルム、高速な顔検出機能を追加した高感度コンパクトデジカメの改良モデル「FinePix F31fd」などを発売

 富士写真フイルムは、高感度コンパクトデジタルカメラの新モデル「FinePix F31fd」を発表。11月中旬より発売を開始する。
 今年5月に発売された「FinePix F30」の改良モデルとなる製品で、630万画素の高画質や最大ISO3200の高感度などの基本性能を継承しつつ、独自の顔検出機能「顔キレイナビ」を搭載したのが特徴。ボタンで設定して被写体にレンズを向けるだけで最大10人の顔を最短0.05秒で検出し、人物の顔にピントを合わせるとともに最適な露出に自動で調節を行う。また、ワイヤレスで画像を送信できる高速赤外線通信機能「IrSimple」も実装。ノンフラッシュとフラッシュの撮影画像を2枚同時に記録できる「高感度2枚撮り機能」や、高感度と高速シャッター設定による「ブレ軽減モード」なども引き継いで搭載される。価格はオープン。
 このほか、512万画素エントリーモデル「FinePix A500」の後継機となる「FinePix A600」もラインアップ。625万画素の「スーパーCCD ハニカムV HR」や2.4型液晶モニタが新たに採用された。

powerd by 楽-yah

powerd by 楽-yah


スポンサーサイト

 カメラ トラックバック:0 コメント:0

<< コダック、710万画素CCDを搭載したデュアルレンズデジカメ「Kodak EasyShare V705」を発売 | ためコムTOP | リコー、青空や天使のデザインを採用した813万画素コンパクトデジカメ「GR DIGITAL 一周年記念モデル」を発売 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。