スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

鳥取砂丘に「砂の美術館」開館 幻想的な姿浮かぶ

 世界の芸術作品などを模した砂像を展示する「砂の美術館」が鳥取市の鳥取砂丘に完成し、17日夕、巨大な砂像のライトアップが始まった。美術館は18日に開館、来年1月3日まで無料で観賞できる。連日午後6~10時に点灯される。

 砂像はバチカンのサンピエトロ大聖堂(長さ19メートル)やレオナルド・ダビンチの「受胎告知」(高さ2.4メートル)など7基。鳥取市が企画し、国内の砂像彫刻の第一人者、茶円勝彦さんやイタリアのレオナルド・ウゴリニさんらが7月から制作に取り組んできた。第2期展示を3月中旬に計画している。

スポンサーサイト

トラベル トラックバック:0 コメント:0

<< 11月18日 土木の日 | ためコムTOP | 約1万人が紅葉楽しむ 小田原ツーデーマーチが開幕 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。