スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

タミフル巡り厚労省に要望

 インフルエンザ治療薬オセルタミビル(商品名タミフル)を服用した後の異常言動で子供を亡くした親と、NPO法人「医薬ビジランスセンター」(大阪市)の浜六郎理事長が17日、厚生労働省を訪れ、服用と異常言動との因果関係を認めるよう要望した。

 小児のタミフル服用と異常言動については、厚労省研究班(主任研究者、横田俊平・横浜市立大教授)が10月「関連性は認められない」とする報告書をまとめたが、浜氏はこの報告書にも服用した子の異常言動発生率が高いことを示すデータがあるとして反論。「再分析し、正しい情報を流してほしい」と求めた。

powerd by 楽-yah


スポンサーサイト

健康 トラックバック:0 コメント:0

<< 冬の使者「ハマシギ」飛来 名古屋市港区の藤前干潟 | ためコムTOP | ソフトバンクモバイル、「おわび」のおまけ >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。