スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

正月の縁起物、ヒョウタンづくり最盛期 大分・宇佐

 正月の縁起物などに使われるヒョウタン作りが、大分県宇佐市の「溝口ひょうたん本舗」(溝口栄治社長)で最盛期を迎えている。

 ヒョウタンは1カ月ほど水につけて中身を取り出し、天日で干して着色。長さ5~50センチ程度で、破魔矢の飾りや「ヒョウタン絵馬」として太宰府天満宮など全国の神社、仏閣に納められるほか箸(はし)置きや調味料入れ、キーホルダー、携帯電話のストラップなどとしても人気という。

 溝口社長によると、過疎化、高齢化でヒョウタンの栽培農家が減っているのに加え、今年は天候不順で出来もいま一つという。


スポンサーサイト

トラベル トラックバック:0 コメント:0

<< 新日鉄「賃上げ」、来年4月実施 | ためコムTOP | 2006/11/17 流し読み >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。