スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

病院でノロウイルス集団感染 1人死亡、1人重体 大阪

 大阪府豊中市の介護療養型の坂本病院は、同病院分院(同市庄内東町3丁目)の入院患者や看護師、介護士ら20人が、11~15日に吐き気や下痢の症状を訴え、患者1人が死亡し、1人が重体になっていると16日、発表した。検査した6人のうち5人の便からノロウイルスが検出された。

 病院によると、ノロウイルスが検出されたのは、79~99歳の患者5人。このうち脳梗塞(こうそく)の後遺症で入院していた豊中市内の91歳の女性が14日、吐いた後に激しい呼吸不全を起こして死亡した。9日に自宅で刺し身を食べた介護士に下痢の症状が出ていたといい、集団感染との関連があるのではないかとみている。

スポンサーサイト

健康 トラックバック:0 コメント:0

<< 日航、スト回避 年末手当など巡り会社側と妥結 | ためコムTOP | 美濃焼から基準超える鉛検出 岐阜県が回収命令 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。