スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ニコン、6万円前後のエントリーデジタル一眼レフ「D40」

 ニコンは、610万画素のエントリーデジタル一眼レフカメラ「D40」を12月1日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は6万円前後(ボディのみ)。標準ズームレンズ「AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II」同梱のレンズキットは7万円前後。標準ズームのAF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G IIと望遠ズーム「AF-S DX Zoom Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G」の2本をセットにしたダブルズームキットが9万円前半。

 ボディカラーはブラックとシルバーの2種類を用意する。予定生産台数は、ブラックとシルバーの合計で8万台/月。

 D40は、有効610万画素CCD(23.7×15.6mm)を採用したレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ。従来のエントリーモデル「D50」の後継モデルという位置づけ。明るさに加え、色情報まで読み取る420分割RGBセンサー「3D-RGB マルチパターン測光II」を採用する。

 デジタルイメージプログラムは8種類を用意し、オートモードでフラッシュを発光させない「発光禁止オート」を新搭載したほか、子どもの肌をきれいに再現するという「こどもスナップ」も装備する。また、パソコンがなくても、カメラ本体で、露出補正「D-ライティング」やトリミング、赤目補正などの画像編集が可能。

 ゴミ対策としては、シャッターユニットなどの主要部品をゴミが出にくい設計にしているほか、ローパスフィルターには帯電防止設計を採用している。CCDは背面からゴミなどが侵入しないように背面周辺部をシール構造とし、CCD周辺部にはゴミを吸着する工夫を施す。ローパスフィルターとCCDとの距離を十分とることにより、ゴミなどが付着した場合にも画像への影響を最小限に抑えているという。

 記録メディアは、SDHC規格対応のSDメモリーカード。最大記録解像度は3,008×2,000ピクセル。撮像感度はISO200~1,600で、ISO3,200に増感可能だ。

 液晶ディスプレイは2.5型23万画素。ファインダーはペンタミラーを使用し、視野率95%、ファインダー倍率は約0.80倍となる。

 AF測距点は3個所。オートフォーカスは、モーター内蔵のAF-SおよびAF-Iレンズ装着時のみ使用可能なので、それ以外のレンズはマニュアルフォーカスとなるので注意が必要だ。シャッター速度は1/4,000~30秒。連写速度は約2.5コマ/秒で、連続撮影可能枚数は100コマ(Fine、Lサイズ)。ポップアップ式のフラッシュを内蔵し、シンクロ同調速度は1/500秒以下となっている。

 ボディサイズは幅126×高さ94×奥行き64mm、重さは約475g(ボディのみ)。電源起動時間は約0.18秒。電源には、リチウムイオン充電バッテリー「EN-EL9」を採用し、バッテリー寿命(CIPA規格)は最大約470コマとしている。

powerd by 楽-yah


スポンサーサイト

INDEX トラックバック:0 コメント:0

<< エプソン、Endeavor Pro4000のBTOオプションにクアッドコアCPUを追加 | ためコムTOP | 「ポケモンだいすきクラブ」で幻のポケモン「マナフィ」をプレゼント >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。