スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ディープ凱旋門賞失格、池江郎師に制裁金 国内レースは出走可能

 フランス競馬の凱旋門賞で3着に入り、その後の検査で禁止薬物が検出されたディープインパクト(4歳牡馬・池江泰郎厩舎)が失格処分となった。日本中央競馬会(JRA)がフランス競馬統括機関、フランスギャロからの通知を受け、16日に東京都港区の六本木事務所で発表した。同馬の国内レースへの出走は可能。

 10月1日の凱旋門賞後に行われた尿検査で、同馬からフランス競馬では禁止されている、気管支拡張効果があるイプラトロピウムが検出された。このためフランスギャロが調査を進め、15日の審査委員会で裁定を下した。3着賞金22万8600ユーロ(約3500万円)も支払われなくなった。

 また、フランスギャロは管理馬を保護するための十分な措置を取らなかったなどとして、池江調教師に最高額の1万5000ユーロ(約230万円)の制裁金を科した。

◆池江泰郎調教師の話
ファンや関係者の方にご迷惑をかけ、深くおわび申し上げたい。厩舎責任者として今回の制裁は真摯(しんし)に受け止めたい。ただ、ディープの名に恥じるようなことは一切していないと信じてほしい。



◆日本中央競馬会(JRA)高橋政行理事長の話
JRAとして重く受け止め、このようなことが起きないよう対応していかなければならない。2度と競走馬に無念の思いをさせないよう、管理に万全を期していく。


スポンサーサイト

スポーツ トラックバック:0 コメント:0

<< 2006/11/16 PM INDEX | ためコムTOP | 11月16日 国際寛容デー(International Day for Tolerance) >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。