スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

カローラ、セダンとワゴンで明暗 1カ月受注を発表

 トヨタ自動車は13日、10月10日に国内販売を始めた新型「カローラ」の、セダンとワゴンの発売から1カ月間の累計受注台数が計3万台だったと発表した。セダンのアクシオが1万6500台、ワゴンのフィールダーが1万3500台。00年に全面改良した際の受注台数と比べ、セダンは5千台減、ワゴンは1000台増で明暗が分かれた。

 トヨタの調査では、コンパクトセダン(排気量1.5リットルが中心)の市場は00年が月平均2万5000台だが、06年は同1万3000台とほぼ半減しており、トヨタは「市場規模の縮小が響いた」とした。一方のコンパクトワゴン(同)の市場は00年の同9000台に対し、06年は同1万4000台と拡大していることが販売台数を押し上げた。


スポンサーサイト

自動車 トラックバック:0 コメント:0

<< 脊髄損傷の治療に道 神経再生促す化合物を確認 | ためコムTOP | おメェには負けねえよ 角ぶつけ合い 沖縄で闘ヤギ >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。