スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

おメェには負けねえよ 角ぶつけ合い 沖縄で闘ヤギ

 闘牛ならぬ闘ヤギ大会(ピージャーオーラサイ)が12日、沖縄県本部町の瀬底島であった。雄ヤギたちが、前脚をあげて勢いよく角と角をぶつけ合うと、ガツン、ガツンと鈍い音が響いた。

 瀬底島はヤギの畜産が盛んで、食用は2歳ぐらいまでに出荷する。だが、強そうなヤギは闘ヤギとして飼われ、11年前から地域興しの一環で春と秋の年2回ある大会に出場する。

 瀬底山羊(やぎ)愛好会の仲田亘会長(66)によると、「ヤギは本来気性の荒い動物」という。小屋を壊すこともあり、「ストレス解消さー」と話していた。大会後の1カ月ほどはおとなしくなるそうだ。


スポンサーサイト

トラベル トラックバック:0 コメント:0

<< カローラ、セダンとワゴンで明暗 1カ月受注を発表 | ためコムTOP | 学校でいじめ「あった」62% 本社世論調査 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。