スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

学校でいじめ「あった」62% 本社世論調査

 朝日新聞社の世論調査(11、12日実施)で、通学していたころに学校でいじめが「あった」と答えた人は62%にのぼり、「なかった」は35%だった。若年層ほど「あった」が多く、20、30代では8割台半ばを占める。60代以上では5割を切った。

 いまのいじめは深刻になったかどうかを聞くと、「深刻になった」は79%で「そうは思わない」の14%を大きく上回った。「深刻になった」は20代では66%と低めで、40代以上では8割台を占める。

 いじめや自殺に関する報道が、最近、相次いでいることも影響してか、小学校から高校までの学校教育に「関心がある」人は82%に上った。

 いま、最も気がかりなことを四つの選択肢から選んでもらったところ、「モラルやマナーの低下」が42%とトップ。次いで「先生の指導力不足」23%、「いじめ」19%、「学力の低下」11%の順。「いじめ」は全体では低めだが、20代では30%を占めた。

 一方、高校の必修科目の履修漏れ問題への文科省の対応について「適切だ」は46%。「甘すぎる」35%、「厳しすぎる」10%を上回った。「適切だ」と思う人は若い年代ほど高く、20代で63%、30代で53%、40~60代は40%台で70歳以上では28%まで下がる。逆に「甘すぎる」は高齢層ほど高く、60代以上では4割を占めた。


スポンサーサイト

統計調査 トラックバック:0 コメント:0

<< おメェには負けねえよ 角ぶつけ合い 沖縄で闘ヤギ | ためコムTOP | 2006/11/14 流し読み >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。