スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

酒造りが本格化 神戸市東灘区の酒蔵

 本格的な冬の冷え込みを前に、神戸市東灘区の酒蔵、木村酒造で新酒の仕込みが始まった。蒸しあがった酒米を蔵人たちが手で広げて冷ましたあと、タンクに入れ、純米大吟醸をつくるための酒母(しゅぼ)を仕込んだ。約2週間後の本仕込みに向け培養する。

 11代目の木村等さん(33)は「ようやく酒つくりしやすい季節になりました。昨年くらいの冷え込みを期待しています」。来春には店頭に並ぶ予定という。

スポンサーサイト

トラベル トラックバック:0 コメント:0

<< 機械受注11%減 景気拡大に陰りか | ためコムTOP | オンラインゲーム一週間「いよいよ発売『PS3』」 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。