スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

北海道の竜巻、アメダスが発生とらえる 風の急変を観測

 北海道佐呂間町で9人が死亡した竜巻被害で、現場近くのアメダス(地域気象観測網)が、竜巻による風の変化を刻々ととらえていたことがわかった。被害が発生したとみられる7日午後1時半には、わずか10分の間に東風が西風に急変しており、竜巻が猛スピードで通り抜けたことを裏付けている。気象庁は、竜巻の被害を受けたことがない「空白域」と言われるこの地域で、なぜ竜巻が発生したのかのメカニズムの解明を進める。

 このアメダスは、被害現場から約1.5キロ北東にある「佐呂間」地点。10分ごとに気温、風速、風向を記録している。

 記録によると、7日正午から午後1時までは、南寄りの風速2~3メートル(10分平均)の風が続いていた。動きだすのは、午後1時10分。10分前に南の風2メートルだったのが、東南東の風3メートルに変わった。1時半には東南東の風は8メートルまで強まり、これが最大風速となっている。

 このころ、竜巻が集落を襲い、被害を出している。10分後、風向きはまったく逆の西南西の風4メートルに変わった。

 竜巻は、反時計回りの渦を巻きながら移動していたとみられる。1時半には、竜巻が佐呂間の南にあったため東寄りの風が吹き、10分後には佐呂間の北に達したため、西寄りの風に変わったと、気象庁はみている。

 雷雲の速さから、竜巻は時速約80キロ程度で通り過ぎたらしい。アメダスは10分平均で記録するため、風速8メートル程度に平準化されたとみられる。

 この10分後には、14・8度だった気温が一気に14.0度まで下がった。寒冷前線が通過し、寒気が一気に入ってきた可能性が高い。

 気象庁が8日まとめた中間報告によると、住民への聞き取り調査などから、午後1時20分ごろから30分にかけて、漏斗雲を伴った竜巻が南西から北東に向かって進んだ。

 集落から約600メートル離れ、標高が100メートル高い丘の上には、木の柱やトタン屋根が落ちており、竜巻の激しさを物語っていた。


スポンサーサイト

気象 トラックバック:0 コメント:0

<< 2006/11/09 PM INDEX | ためコムTOP | 米ポラロイド、日本の薄型テレビ市場に参入 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。