スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中学でも履修不足 愛媛・香川「技術・家庭」虚偽報告

 愛媛・香川両県の私立中学校で6日、必修科目の履修漏れが相次いで分かった。いずれも「技術・家庭」の授業時数を県に偽って報告し、実際には授業の一部を国語や数学などに充てていた。中学校は単位制ではないため卒業に直接は影響しないが、中学校でも学習指導要領が守られていない実態が判明した。

 中学校の学習指導要領では、「技術・家庭」は1、2年生で各70コマ、3年生で35コマの計175コマを「標準授業時数」と定めている。

 しかし、松山市の愛光中学校は、3年間で計47コマしか履修させていなかった。今後、補習をするという。

 高松市の香川誠陵中学は95年度から1、2年生はゼロ、3年生が43コマの授業しかしておらず、132コマ不足の状態。香川県丸亀市の香川県大手前中は98年度から1、2年生が各42コマの授業をしただけで、91コマが不足している。


スポンサーサイト

学校/教育 トラックバック:0 コメント:0

<< 2006/11/07PM INDEX | ためコムTOP | SNS利用者の争奪激化 米大手「マイスペース」参入 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。