スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

米マイクロソフト、「宿敵」リナックス系の大手と提携

 ソフトウエア最大手の米マイクロソフト(MS)は2日、同社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」に対抗する無償OS「リナックス」ベースのソフトを開発・販売するライバル会社、米ノベルと提携すると発表した。今後は同一コンピューター上で双方のOSが動くための共同開発を進め、顧客に提供する。長年の「宿敵」と手を結び、拡大するリナックスの利用者を取り込む戦略に転換した。

 両社は共同で研究施設を設立。どちらのOS上でも文書作成・読み取りができるように、文書フォーマットの共通化なども進める。提携は当面、2012年まで続ける。

 リナックスベースのソフトは、高性能コンピューターのサーバーなど企業向けを中心に利用が拡大。ウィンドウズよりも割安で、情報内容が公開されているので利用者が自由に改良でき、自社システムを安定稼働させやすい利点があるからだ。

 MSはこれまで、手間のかかるOS改良などのメンテナンスを一手に請け負う利点を強調し、だれでも自由に改良できるリナックスには特許侵害の恐れもあると指摘。今回一転して提携に踏み切ったのは、リナックスの台頭を無視できなくなり、顧客離れを防ぐ狙いがあると見られる。

 MSのスティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)は「あり得ないと言われてきたが、これは新しいモデルで、真の進化だ」との談話を出し、意義を強調した。

 今回の提携で、両社は特許侵害を申し立てないことを明言。1台のコンピューターで双方のOSを使えれば作業効率もあがるので、それぞれのソフトの利用拡大につながると両社はみている。


スポンサーサイト

パソコン トラックバック:0 コメント:0

<< ソフトバンクモバイル、3連休初日は平穏 業務限定で | ためコムTOP | ヤクルト、東京六大学選抜に大苦戦 >>












管理者にだけ公開する

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。