スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

治療の再説明受けやすく、患者に端末 厚労省が開発

 インフォームド・コンセント(十分な説明に基づく同意)を充実させるために、患者側から気軽に再説明を求めたり、同意を撤回したりすることができる仕組みづくりを厚生労働省研究班(班長=飯塚悦功(よしのり)・東京大教授)が進めている。国立がんセンターなど全国56病院が参加し、今年度中にシステムの設計図を完成させる予定だ。患者の主体的な参加を促すことで、医療の質と満足度を高める狙いだ。

 この仕組みは、電子情報化したカルテ「電子カルテ」を介して、医療者側と患者が常に情報を共有するシステムの一環として考えられている。

 患者は病気の状態に応じ、医師や看護師などから様々な説明を受ける。現状では、患者の理解や納得が完全でないままに次の治療段階に進んでしまうといったことが少なくない。

 新システムでは、患者用の端末を使って、いつ、どんな説明を受け、どんな意思表明をしたことになっているかを、いつでも確認できる。画面上の選択肢から、再説明を求めたり、「迷っている」「撤回」などの意思表示をしたりもできる。情報は即座に伝わるので、医療者側も患者の不安などに即応できる。

 患者用の端末はベッドサイドや病棟の廊下などに設置され、患者本人や患者から依頼された看護師が入力する想定だ。

 研究班の水流(つる)聡子・東京大助教授や、中西睦子・国際医療福祉大教授らが96年に東京都、神戸市、広島県の6病院で実施した患者調査によると、生命や生活に大きな変化を伴う手術をした約160人のうち、18人(11%)は医師の説明をあまり理解できていなかった。まったく理解できなかった人も1人(0.6%)いた。28人(17%)はインフォームド・コンセント後に気持ちが変わり、撤回を考えていた。

 水流さんは「説明を受けて、そのときは分かったつもりでも、実は理解できていなかったということは少なくない。新システムは、説明が治療の中でどんな位置づけになっているかを患者本人が把握でき、次にどんな説明を受けるかを予測できるものになる。疑問があいまいでも、気兼ねなく医師側に説明を要求しやすい。患者も参加して医療の質を高めるシステムになる」と期待している。

スポンサーサイト

医師看護 トラックバック:0 コメント:0

セレウス菌、外部委託の洗濯から広がる? 自治医大病院

 自治医科大学病院(栃木県下野市)で患者からセレウス菌が見つかった問題で、同病院は13日、今年4~8月に入院していた24人の血液などから菌が見つかり、このうち8人が発熱する菌血症になった可能性があると発表した。うち2人が死亡し、1人が感染のために片目を失明した疑いがあるという。タオルやシーツに菌が大量に付着し、点滴の針を介して感染した可能性が高いという。

 同病院によると、24人の入院時期や病室は異なる。発熱した入院患者でセレウス菌の検出が繰り返されたため、8月から感染源や過去の入院患者について調べていた。その結果、未使用のタオルやシーツなどリネン類から想定を超える量の菌が検出され、外部委託のクリーニング業者の洗濯機1台で洗った洗濯物から大量の菌が見つかった。

 同病院は「リネン類に付着したセレウス菌が、カテーテルなどを介して輸液を汚染した可能性がある」として、リネン類を滅菌処理するとともに、カテーテルを患者に使う際の消毒を徹底するなどの対策を取った。

 セレウス菌は、入院中の患者から散発的に検出されることはあるものの多数から見つかるのは珍しい。同様にクリーニング業者の洗濯機が原因とみられるセレウス菌による院内感染事例が、英国で92年に報告されているという。

医師看護 トラックバック:0 コメント:0

管での栄養補給、医療事故29件 2人死亡、大半に障害

 病気やけがで食事をとれない患者に胃や腸などに直接、管を通して栄養を補給する医療行為について、今年6月末までの1年9カ月間に全国で29件の医療事故があったことがわかった。このうち2人は死亡し、大半の患者に障害が残ったという。財団法人「日本医療機能評価機構」(東京都)が全国約560の医療機関(約20万床)から報告を受けた。

 死亡した事例では、70代の男性は、おなかから腸まであけた穴を通し、栄養剤を注入中に嘔吐(おうと)し、肺に入ってしまった。医療機関は、業務が忙しく観察が不十分だったという。20代の男性は、在宅療養に切り替えるため、鼻から胃へ管を通す処置をしたのに、気管内に管が入っていた。この男性はもともと慢性呼吸不全の症状があり、それまでも心停止に陥り、蘇生救命したことがあったという。

 ほかにも、胃に穴を開けて管を通したつもりが、肝臓にも貫通していた▽胃に通じる管の交換時に腹腔(ふくくう)内に挿入した▽管の交換時に食道に穴を開けた――などの事故があった。障害の有無が不明な医療事故もあるが、少なくとも21件で障害が残ったという。

 胃や腸に穴を開けて管で直接栄養を送る「造設手術」は、開腹手術でなく、内視鏡手術でも可能になったため、10年ほど前から増えている。

 同機構は「不適切な場所に管が入ることはあり得るので、十分だと思っても改めて確認を徹底してほしい。いかに早く気づいて処置するかが大事だ」と話している。

 同機構は医療体制やサービスの質などを審査する第三者機関。04年に機構内に医療事故防止センターをつくり、同年10月から医療事故の情報収集を始めている。

医師看護 トラックバック:0 コメント:0

| ためコムTOP |

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。