スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

新日本石油、石油化学や開発部門が好調 9月中間新日本石油、石油化学や開発部門が好調 9月中間

 新日本石油が30日発表した06年9月中間連結決算は原油高の影響で、売上高が前年同期比18.4%増の3兆1983億円、当期利益が同21.7%減の641億円だった。ガソリン販売は原油高の価格転嫁に苦しんだが、産業用の石油化学製品は需要が好調で採算が向上。石油や天然ガスの開発部門も、原油高で利益が膨らんだ。原油の在庫価格の変動が損益に与える影響を除くと、経常利益は前年同期の1320億円から1501億円に伸びた。

 最近の原油価格の下落を踏まえ、WTI価格の見通しを今年7月時点の1バレル=70ドルから60ドルに見直した。07年3月期の連結業績予想は、売上高6兆7300億円、当期利益770億円。

スポンサーサイト

企業決算 トラックバック:0 コメント:0

任天堂、DS好調で売上高・利益とも過去最高 中間決算

 任天堂が26日発表した06年9月中間連結決算は、売上高が前年同期から約7割増の2988億円、本業のもうけを示す営業利益は3.4倍の671億円で、いずれも過去最高だった。携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」とそのソフトで、ゲームに興味がなかった人たちを取り込む戦略が成功。DSの販売台数は上半期だけで1009万台に達し、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」シリーズは2作で459万本を売り上げた。

 記者会見した森仁洋専務は「性別年齢を問わずDSが受け入れられ、ゲーム人口が拡大した手応えがある」。DS対応ソフトは上半期だけで9本が100万本を超える売り上げを記録した。「Newスーパーマリオブラザーズ」が676万本、9月28日に発売した「ポケモン」最新作は上半期末までで173万本を売り、昔からのゲームファンの人気も上々だ。7月に「しゃべる! DSお料理ナビ」を発売し、ゲーム以外の用途も提案し始めている。

 据え置き型ゲーム機では、国内では12月に売り出す次世代機「Wii(ウィー)」について、下半期だけで600万台の販売を目標に掲げる。森専務は「能力いっぱいに生産しているが、それでも品薄になる可能性がある」と、一層の業績拡大に自信を見せている。


企業決算 トラックバック:0 コメント:0

シャープ、中間決算最高益 液晶パネル、携帯電話が好調

 シャープが25日発表した06年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比9.7%増の1兆4656億円と、4年連続で過去最高を更新した。営業利益は同20.1%増の901億円、当期利益は同27.5%増の465億円となり、ともに過去最高。液晶パネルと携帯電話が好調だった。

 液晶テレビ(10型以上)の売上高は、前年同期比33.6%増の2468億円で、台数ベースでは同46%増の252万台となった。フル高精細(HD)タイプを中心とした37型以上の大型、高級タイプが伸びた。液晶テレビ市場は4~9月期に店頭価格が2割も下落したが、シャープは大型・高級機種の伸びに救われ、「平均価格は2%の下落にとどまった」(町田勝彦社長)という。

 携帯電話も、ワンセグ対応などの高級機種が好調で、売上高は前年同期比9.4%増の2407億円だった。

 液晶パネルの増産のためには、亀山第2工場(三重県亀山市)に次ぐ工場新設が課題となっている。佐治寛副社長は「来年8月までに決める」と語り、従来の「年内決定」の立場からやや遅らせた。


企業決算 トラックバック:0 コメント:0

| ためコムTOP |

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。