スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

6万円イヤホンが大人気、品切れ状態…そのワケ

 音楽鑑賞用のイヤホンといえば、1000円~3000円が相場だが、なんと6万円を超える超高級品が売れている。iPod(米アップル社)が火を付けたデジタル携帯音楽プレーヤーで使うため、30~40代の男性が買っているという。子育て世代で小遣いもままならないと思いきや、この世代は自分がこだわるものにはお金を惜しまない傾向があるようだ。

 【バカ売れ】

 「予想以上の売れ行きです。7月下旬に発売しましたが、今は品切れとなっています」と語るのは、業務用音楽機器を販売するヒビノ(東京都港区)。

 飛ぶように売れているのは、米国の音響機器メーカー・シュア社製の超高級イヤホン「E500PTH」。オープン価格だが、都内の家電量販店の店頭では6万3000円前後で売られている。そんな高額商品が1カ月間で1000個以上売れたというのだ。

 1万円を超えるような高級イヤホンはソニーオーディオテクニカなど日本のメーカーのものも店頭に並んでいる。が、そうした高級品人気に火を付けたのは、シュア社という。

 「1年ほど前からよく出る(売れる)ようになった。30~40代の男性が主な客層。以前からオーディオに親しんでいて、デジタル音楽プレーヤーでもいい音で聞きたいということで買っていくようです」(都内の大手家電量販店)

 E500PTHが発売される前は、5万3000円ほどの「E5C」が最上位機種だった。これは「もともとプロ用イヤホンとして開発されたものですが、デジタル音楽プレーヤーの普及で一般の人も買うようになった」(ヒビノ)とか。

 外部の音が聞こえにくいように耳の穴に差し込むタイプのため、家庭内や電車内でも音楽に没頭でき、音漏れしにくい点がウケている。

 【売れる理由】

 それにしても、6万円とは、iPod本体よりも高い。30~40代の男性はなぜ、こうした超高級品を買うのだろうか。

 ヒビノの担当者は「CDの売れ筋を見てもそうだが、最近は1960~80年代の回帰ブーム。そのとき青春時代を過ごした世代が、いい音でもう一度当時の音楽を聴き直したいと思っているのでは」と分析する。

 一方、博報堂生活総合研究所の林光・主席研究員は「こうした現象は豊かさの象徴で、30代から60代ぐらいまでの消費動向の特徴。昔と違い、需要のバリエーションが広がっていて、1つの趣味を手軽に楽しんだり、逆にのめり込んだりと、いろいろ楽しみ方が出てきている」と指摘。

 「6万円といえば高いかもしれないが、今の時代は価格ではなく機能が重視される。1億3000万人のうち1000人ぐらいは、いい音を楽しめるなら高くても買う。さらにインターネットの普及などで、ごく少数の消費者しかいない商品の情報でも入手できるようになっていることが背景にある」という。

ZAKZAK 2006/09/11

スポンサーサイト

家電メーカー トラックバック:0 コメント:0

騒音防ぎサラウンド、「そこだけシアター」開発

 日本ビクターは、周りに騒音の迷惑をかけないサラウンドシステムを開発した。薄型テレビやDVD、デジタル放送の普及で、家庭でも映像・音響(AV)で映画館に近い臨場感を出せるようになってきたが、「大きな音を出しづらい」という住宅事情もあるからだ。「そこだけシアター」として将来の製品化をめざすという。

 今回ビクターが開発したのは「ニアスピーカー・サラウンド」。独自の信号処理を施すことによって、視聴者の前方1メートルに1台のスピーカーを置くだけで音が後ろや横からも聞こえるように感じさせる。スピーカーを視聴者に近づける分だけ音量を小さくできるので、通常のサラウンドシステムに比べ、視聴者の周辺の音量を最大56%抑えられるという。

 薄型テレビの大画面化、ハイビジョン映像も記録できる大容量の次世代DVDの登場、地上デジタル放送の本格的な普及をにらみ、AVメーカーはサラウンドシステムの売り込みに躍起だ。

 ただ、映画館向けに開発された「5・1チャンネルサラウンド」は通常、前後の計5台のスピーカーと重低音専用のスピーカー1台を使う。米国などに比べて狭い住宅が多い日本の消費者には「スピーカーの置き場所がない」「大きな音を出せない」という不満があった。

家電メーカー トラックバック:0 コメント:0

新薄型テレビ、年末決戦へ値下げ激烈 主役は40型以上

 主な薄型テレビメーカーの年末商戦をにらんだ新製品が31日、出そろった。激しい競争で値下がりが続く中で、各社とも単価が高く利益を出しやすい40型以上の大画面に力を入れているのが特徴だ。年末商戦はテレビの年間販売台数の約4割を占める天王山。世界市場で生き残れるメーカーが絞られ始めているだけに、今年の戦果は例年以上に注目される。

 「世界シェア1位を狙う」。シャープの片山幹雄専務は31日、東京都内での新製品発表会で、こう宣言した。目玉は液晶テレビアクオス」の52型(市場想定価格60万円前後)。10月1日に発売し、狙うは「世界」だ。

 シャープは国内市場では首位を守っているが、世界市場では昨年の年末商戦でソニーなどに敗れ、首位から陥落し、その後も苦戦している。片山専務は「『海外で弱い』と言われてきたのは、手ごろな価格の大画面の製品がなかったため」と分析。40型以上の大画面を効率よく生産できる亀山第2工場(三重県)が8月に稼働したのを受け、中国やドイツ、北米でも同時発売し、巻き返しを図る。

 液晶テレビの出荷金額ベースでは世界首位に定着しつつあるソニーは30日、「ブラビア」の新シリーズ11機種を発表。9月から順次発売する。念願のテレビ事業黒字化は目前。ブラビアは、11月発売の次世代ゲーム機「プレイステーション3」と並び、業績を左右する生命線だ。

 今回は初めて52型を加えて大画面化を進め、年末には液晶テレビの売上高の半分を40型以上とする。上位機種のX2500シリーズは40型、46型、52型をそろえ、市場想定価格はそれぞれ45万円、55万円、80万円前後。今後も「一層の大画面化に尽きる」(井原勝美副社長)といい、価格下落圧力をかわしながら「テレビ事業の本格的復活」を目指す。

 プラズマテレビでは、世界首位を快走する松下電器産業が1日から「ビエラ」の新製品を売り出す。元々、大画面はプラズマ陣営が得意とする市場だけに、液晶陣営から相次ぐ大画面の新製品を迎え撃とうと、50型のほか58型、65型、103型を投入し、一層の大画面化戦略を打ち出した。

家電メーカー トラックバック:0 コメント:0

| ためコムTOP |

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。