スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

新世紀エヴァンゲリオン10年ぶり新作

 社会現象にもなった90年代を代表するアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の新作映画が10年ぶりに製作されることが8日、分かった。「エヴァンゲリオン 新劇場版 前編」(07年7月公開)「-中編」(08年1月公開)「-後編+完結編」(08年6月公開)の全4部作。

 前、中、後編はテレビシリーズ26話を描き直すもので原画を一部再使用するが、音や背景を撮り直し、ほぼ新作に近い形になる。当時、ラスト2話は「終わり方が納得できない」と物議を醸した。劇場版も2作製作されたが、ファンの間で議論になっていた。そんな声に応えるため「-後編+完結編」は完全な新作で、ラスト2話を中心にきちんと最後まで描くという。「-前編」は既に映画監督の樋口真嗣氏(40)が新作絵コンテを完成。3DCGなど最新技術を駆使して製作される予定だ。

 「エヴァ」は侵略を試みるエイリアンに、巨大ロボット兵器を操って立ち向かう若者の苦悩と成長を描く作品。その経済効果は1000億円以上といわれる。関係者は、このタイミングでの新作製作の理由について「庵野(秀明)監督がエヴァブームのほとぼりが冷めるのを待っていたため」と説明している。

スポンサーサイト

アニメ トラックバック:0 コメント:0

ハンカチ王子も必見!? DVDで「巨人の星」復活

 ハンカチ王子の早実・斎藤クンも必見?! 血の汗を流し、涙をふくことさえ許されない、史上最強スポ根アニメ「巨人の星」(原作・梶原一騎、川崎のぼる)が、DVD3部作『巨人の星コンプリートBOX1-3』(ワーナーホームビデオ、3万円、写真下)として、8日に復刻発売される。

 物語は、極貧の長屋住まいから栄光の巨人軍エースを目指す星飛雄馬が主人公。

 父・一徹の超スパルタ指導に耐え、自分自身をも責め続ける飛雄馬のストイックさは、現代のボクシング・亀田父子に通じる場面も。

 父子の絆を軸に、柱の陰から、涙ながらに弟の特訓を見守る姉・明子や、宿敵・花形満(のちに明子と結婚)らの愛憎がからみ合う、昼ドラ顔負けの超濃密ヒューマンストーリーでもある。

 DVD化にあたって当時15歳にして、全182話を通し、飛雄馬の声を熱演した声優・古谷徹さん(53)は、熱い思いを語った。

 「父に認められたい一心の飛雄馬があらゆる試練に耐え、最終的に父を相手に肉体的玉砕をもって完全試合を達成するという破滅的ストーリーは、いまだに類を見ない不朽の名作です。現代社会はあらゆる人間関係がお互いを甘やかすことから始めるが、飛雄馬と一徹のように、ぶつかり合って初めて生まれる愛情があることを、改めて知ってほしい」

 親が子を虐待し、子が親をカネで殺すような現代だからこそ、親子で見たいアニメかも。

 レンタルでも同時解禁(1話~99話まで。100話以降は10月6日以降)予定。各パッケージにはマニア垂涎(すいぜん)のお宝原画集『巨人の星キャラクター設定資料』画集が付く。

アニメ トラックバック:0 コメント:0

さらにやるようになったな、ガンダム! - ガンプラEXPO開催

バンダイの主催で、「ガンプラEXPO」が池袋サンシャインシティ Dホール(文化会館2階)にて23~30日の間開催される。入場料は無料。気になる内容は、ガンプラ第1号の1/144ガンダムをはじめ、最新作である「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER」のスターゲイザーガンダムのプラモデルまであますことなく展示。入場口から通路を進んでいくと、1980~2006年までのガンプラの歴史を時系列で観覧していくことができる。

オープニングセレモニーではバンダイ代表取締役社長の上野和典氏が挨拶を行い、続いて「機動戦士ガンダム」の主人公アムロ・レイ役の古谷徹氏が、同役を演じて役の幅が広がったというエピソードを語った。その後、創通エージェンシー代表取締役社長の湯浅昭博氏、サンライズ代表取締役社長の吉井孝幸氏を交え、テープカットが行われた。

展示されているガンプラはほとんどが素組みゆえ、プラモデルの進化を垣間見ることができる。ガンプラ製造工程コーナーでは、静岡県のバンダイホビーセンター( http://journal.mycom.co.jp/articles/2006/03/23/bandai/ )の建物模型や、ガンプラが企画から商品化されるまでを紹介。そのほか、ボックスアートの原画なども展示されている。

同社のラインナップであるマスターグレード(MG)やパーフェクトグレード(PG)製品をはじめ、新旧のラインナップを一挙に見られるのはうれしい。また、ファーストガンダムの名場面をジオラマベースで再現したブースや、アーティスト・雑誌編集部によるガンプラEXPO記念コーナーなど見所は数え切れない。

会場には物販コーナーもあり、ここではガンプラやHCM Pro、関連DVDのほか、イベント限定商品として「PG ガンダム アニメーションカラーバージョン」「HGUC Zガンダム グロスインジェクションバージョン」「MG フリーダムガンダム クリアカラーバージョン」なども販売されている。

アニメ トラックバック:0 コメント:0

| ためコムTOP |

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。