スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

第4のひれ持つイルカ発見 退化したはずの後ろ脚?

 和歌山県太地町立くじらの博物館は4日、胸びれ、背びれ、尾びれとは別に生殖器の脇に第4のひれを持つイルカを捕獲した、と発表した。イルカのひれは通常3種類しかなく、日本鯨類研究所の大隅清治顧問は「第4のひれを持つ鯨類が見つかったのは世界初」としている。クジラやイルカはかつて陸上生活をしていたとされ、第4のひれは「後ろ脚」が退化した痕跡ではないかという。見つかったのはこの1頭だけで、大隅氏は「突然変異で『先祖返り』したのではないか」と話している。

 このイルカは体長2.72メートルのバンドウイルカ(推定オス、同5歳)。太地いさな組合が10月28日、同町沖約12キロの熊野灘で発見し、捕獲したバンドウイルカ118頭の中から見つかった。

 「第4のひれ」は、生殖器の両脇に人間の手のひらぐらいの大きさ(長さ約15センチ)で左右に一対ある。大隅氏が観察したところ、水中でも水平のままであまり動かなかった。

 大隅氏によると、クジラやイルカは、受精後間もない時期に前後4本の脚を持つが、成長とともに前脚は胸びれになり、後ろ脚はなくなる。これまでも後ろ脚が退化した「後肢突起」と呼ばれる部位を持つクジラやイルカは数例見つかっているが、完全なひれを持つものは今回が初めてという。

 5000万~3000万年前のクジラの祖先で、まだ脚が残っていたムカシクジラの後ろ脚部分に似ているという。大隅氏は「水生の哺乳(ほにゅう)類の進化過程を明らかに出来る可能性もある」と話す。

 同館名誉館長も務める大隅氏は「外部の研究者とも協力し、国際的な研究チームを結成したい。X線による骨格撮影やDNA分析などの研究を進める一方で、最終的には繁殖を目指したい」と話している。

 太地町は、同館で餌付けし、将来は一般公開を目指すという。


スポンサーサイト

動物 トラックバック:0 コメント:0

爬虫類ペットに注意 乳幼児のサルモネラ菌感染相次ぐ

 カメやイグアナなど、最近人気が高まっている爬虫類(はちゅうるい)ペットからサルモネラ菌に感染する乳幼児が相次いでいる。食中毒のような下痢症状にとどまらず、敗血症や髄膜炎など深刻な状態に陥る子もいる。海外では死亡例も報告されており、国立感染症研究所は、爬虫類ペットの扱い方に注意するよう警告している。

 今年5月、新潟県に住む生後7カ月の乳児が高熱が続いて衰弱し、入院した。血液検査でサルモネラ菌が見つかり、敗血症と診断された。抗生剤で治療し、入院から8日後に退院した。

 サルモネラは一般に食中毒の原因菌として有名だが、この乳児から見つかった菌は食中毒のサルモネラとは型が異なり、欧米ではしばしば爬虫類由来の感染を起こしている珍しい型だった。一家7人のうち、母と兄2人の計3人の便からも同型の菌が見つかった。

 地元保健所によると、一家は大型カメの一種、ケヅメリクガメ(体長45センチ、幅30センチ、厚み18センチ)を飼っており、浴室で甲羅を洗うなど、家族のように可愛がっていたという。飼育法や菌型などから、保健所はこのカメが感染源と見ている。

 感染研によると、04年から今年8月の間に、同様の感染は5件6人が判明している。報告義務はないため、把握できた患者は「氷山の一角」とみられる。死亡者はいないが、全体に症状は重い。英国では00年に乳幼児が2人死亡、米国では集団感染も起きている。米国疾病対策センターは、爬虫類からの感染を防ぐ家庭用ガイドラインを出し、正しく飼うよう注意を促している。

 市販のペット用爬虫類の多くは海外産だ。財務省の貿易統計によると、05年に輸入された爬虫類は約80万匹。欧米の報告では、爬虫類の5~9割が菌を持っているとされるが、動物自体は発病しないため、外見では菌の有無は判断できない。

 感染研細菌第一部の泉谷秀昌室長は「適切に飼えば、むやみに恐れる必要はないが、幼い子やお年寄りは、わずかな菌量でも発病し重症化する危険性がある」という。水槽内の水が特に汚染されやすいので、こまめに掃除し、網などで覆って子どもに触れさせないよう助言する。

動物 トラックバック:0 コメント:0

スクリューに巻き込まれ?アザラシの「ナカちゃん」死亡

 27日午後6時10分ごろ、徳島県阿南市那賀川町中島の那賀川河口付近の中州に、動かないアザラシがいると119番通報があった。すでに死んでおり、後ろ脚のけがの跡などから、獣医師が昨年11月から周辺にすみ着いていたアゴヒゲアザラシの「ナカちゃん」と断定した。

 消防署員らによると、頭部に傷跡があり、船のスクリューに巻き込まれた可能性があるという。現場には、知らせを聞いた市民ら100人余りが詰めかけ、あちこちから「悲しい」などの声が聞こえた。涙ぐんだり、へたり込んだりした人も見られた。通報した近所の主婦(48)は「住民を元気づけてくれていただけに残念だ」と語った。

 ナカちゃんは県内外から見物客が訪れ、「ナカちゃん音頭」や「ナカちゃんパン」もできるほどの人気者だった。今年3月には阿南市が特別名誉市民第1号として表彰した。

動物 トラックバック:0 コメント:0

| ためコムTOP |

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。