スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

マリナーズ、松坂争奪戦から撤退…イチローとの再契約優先

 マリナーズの山内溥(ひろし)オーナー(78)=任天堂相談役=が1日、サンケイスポーツの取材に対して西武・松坂のポスティングに参加しない意向を明かした。マ軍は獲得有力球団とみられていたが、来オフでイチロー外野手(33)との4年契約が終了。イチローとの契約延長のため、総額100億円前後の資金が必要な松坂獲りを諦めた模様だ。





 松坂争奪戦の有力球団が消えた。マリナーズの筆頭オーナーである任天堂の山内相談役が、京都市内にある本社の広報室を通じて入札に参加しないことを明かした。

 「相談役からは『ポスティングに参加する気持ちがない』と聞いております」

 マ軍撤退は、大リーグ関係者の間でも衝撃的なニュースとして広まった。日本の選手がFAやポスティングでの大リーグ移籍を表明するたび、マ軍は常に有力候補に挙げられてきたからだ。30球団唯一の日本人オーナーというだけでなく、実際にポスティングでイチローの独占交渉権を落札。メジャー最初の日本人野手を誕生させた過去もあり、松坂争奪戦では他球団から「最もポスティングを熟知している」と警戒されていた。

 3年連続でア・リーグ西地区最下位に終わったマ軍にとって、今オフの最重要課題は手薄な先発投手陣の補強だ。松坂に関しては数年前から調査。日本で最高の投手という評価をしていながら断念したのは「イチローの残留問題が影響している」というのが複数の大リーグ関係者の見方だ。

 イチローとの4年契約は来季限り。残留交渉は来春キャンプ中にも始まるとみられている。FA流出だけは何としても避けたいマ軍は、来季の年俸1100万ドル(約12億8700万円)を大幅に上回る条件を用意しなければならない。ヤンキース・松井秀喜外野手(31)を上回る日本選手最高額を基準とするなら、4年で5200万ドル(約60億8400万円)以上が必要になる。

 松坂の場合、入札だけで20億円以上、本人との契約でも総額80億円以上になるといわれている。いくら日本選手に友好的な球団といっても、限度を超えているという判断が下されたのだろう。

 松坂よりイチローを選択。ニューヨークなどに比べて市場が小さく、観客動員数も減少しているマ軍にとって松坂断念は苦渋の決断だったに違いない。


★“マネーゲーム”は過熱一途

 松坂をめぐる「マネーゲーム」は、限りなく過熱していきそうだ。米国のスポーツ専門テレビ局「ESPN」のホームページ(HP)が10月31日、落札額と契約額を合わせると7500万ドル(約87億7500万円)に達する可能性があると伝えた。

 だが、これはまだ序の口。HPではさらに、ある球団のゼネラルマネジャー(GM)が「事態は手に負えない状況になってきている」と発言したと紹介している。ニューヨークの地元各紙も、入札額だけで最低2000万ドル(約23億4000万円)は下らないとみていて、中には、あるGMが3300万ドル(約38億6100万円)前後と考えているとの報道もある。

 契約額についても「スーパー・エージェント」の異名を取るスコット・ボラス氏と契約を結んだことで、巨大な複数年契約となることが濃厚とされる。同氏の発言から年俸は少なくとも1000万ドル(約11億7000万ドル)前後の交渉になる。

 しかも同氏の手法は長期契約の締結を狙うことが特徴でもある。長期契約となると、単純な足し算よりも総額は膨れ上がる傾向が強いため、5年総額7500万ドル(約87億7500万円)程度と予想する地元紙も。今季から4年総額5200万ドル(60億8400万円)の契約を結んでいるヤンキース・松井秀を超えて、いきなり日本人最高年俸メジャーリーガーに躍り出る可能性もある。

 入札額が3300万ドル、年俸契約が5年総額7500万ドルとすると、松坂獲得にかかる総費用はなんと1億800万ドル(約126億3600万円)。これでは資金力十分な球団にしか手が出せないわけだ。


★マ軍がオープン戦の日程発表

 イチロー外野手(33)と、城島健司捕手(30)が所属するマリナーズは31日、来春のオープン戦日程を発表した。3月1日に恒例のパドレスとの慈善試合が組まれ、29日のパドレス戦までに32試合を行う。さらに、キャンプを張るアリゾナ州以外でも3試合を行い開幕に備える。


スポンサーサイト

野球 トラックバック:0 コメント:0

松坂100億円ポスティング!“日本の至宝”正当な評価待ってます

 世界最高の評価を待つ-。西武・松坂大輔投手(26)が1日、都内のホテルで記者会見。ポスティングシステム(入札制度)でのメジャー移籍が、球団に認められたことを明らかにした。さっそく、2日にポスティング申請。WBCのMVPとして、米国内の大物FA選手より先に評価を下すことを迫る。注目の移籍先は9日にも判明する見込みだ。





 夢にまで見た舞台がハッキリと見えてきた。メジャー移籍を訴え始めて3度目のオフ、球団から正式にポスティング申請を認められた松坂は、こみ上げる感情を抑え切れなかった。

 「10歳のころから、ずっと米国でやりたかった。ようやくきょうの日を迎え、スッキリした気持ちです」

 黒いスーツで臨んだ記者会見。ひな壇に上がると、すぐに表情を崩した。選手が希望球団を選ぶFAとは違い、ポスティングは入札額が高いメジャー球団が独占交渉権を得るが「特別に好きな球団はありません」。そう前置きした上で胸を張った。「正当に評価してくれるならどこでもいい。どこになっても、そこ(落札球団)に行けということだと思います」

 3月の第1回WBCでMVP。今回の入札にはヤンキース、メッツ、レッドソックスなど10球団程度が手を挙げることが予想される。争奪戦は入札だけで20億円以上、契約は総額80億円以上になるともいわれ、獲得資金の総額は100億円以上に。その交渉のため、代理人にスコット・ボラス氏(53)を選んだことも正式に発表したが、代理人が腕を振るわなくても“世界最高右腕”の評価を得る自信がある。

 その自信が『ポスティング申請の時期』になって表れた。球団側は2日、コミッショナー事務局に通知することを決めたのだ。今オフのメジャー移籍市場ではジャイアンツのジェーソン・シュミット投手(33)、アスレチックスの左腕・バリー・ジト投手(28)らがFA申請を完了。それら大物投手の動向が定まる前に、まず松坂への絶対的評価を決めるよう迫ったわけだ。

 米球団によってはまだ編成会議を終えていない球団もあるが、西武の太田秀和オーナー代行(55)は「興味を抱いている球団は、公示に合わせて入札するでしょう」と意に介さない。ほかの誰よりも先に“日本の至宝”について真剣に検討するべきだと考えている。

 「ドラフトの前のような気分ですね。ワクワクしている部分が大きい」。事実上『いの一番』に選ばれることから、松坂は8年前のドラフトを思い出していた。移籍先は順調にいけば9日にも判明する見通し。あの時と同じように、その瞬間を静かに待つ。


(伊吹政高)





★米国への移住は「家族みんなで」

 松坂は最愛の家族とともに米国での生活をスタートさせるつもりだ。夫人の倫世さん(31)は高校卒業後の1年間、ミズーリ州に留学経験があるだけに「妻は語学力で心配ない。ボクを一番支えてくれた人ですから、一緒にいなければ自分がダメだと思う」。10カ月の長女も「生まれたばかりのときは(世話が)大変だったけど、今は大丈夫。家族みんなで行きたい」と白い歯をのぞかせた。



■松坂のメジャー移籍問題
 ★04年2月25日 堤オーナー(当時)が「引き留めない」とFA権取得前の移籍を容認

 ★同年12月2日 契約交渉で星野球団社長は「(来季)周囲が納得する成績なら」と条件付きで容認

 ★05年10月27日 再びメジャー移籍を直訴するも、球団売却問題などもあってフロントが拒否

 ★06年10月12日 太田オーナー代行がポスティングシステムによるメジャー移籍を容認

 ★同年10月25日 代理人をスコット・ボラス氏が務めることを米マスコミが報じた




■ポスティングシステム(入札制度)
 米大リーグ移籍を希望する選手の交渉権を入札で決める制度。日本の球団は11月1日から翌年3月1日までの間に、当該選手のメディカル・レコード(トレーナーの報告書と医師の報告書)を添付してポスティングの要請を行う。これを受けて大リーグのコミッショナー事務局は各球団に選手名を公示。獲得を望む米球団は4業務日以内に入札し、その額を日本球団が受諾すれば、最高額で入札した球団に30日間の独占交渉権が発生。交渉が合意に達すれば、日本球団への送金などを経て移籍が成立する。これまでにイチロー、石井一久らが同制度で移籍した。




◆ソフトバンク・王貞治監督
 「自分の意志で行くわけだし、米国でも松坂旋風を起こしてほしいね。評価が高い? WBCのときに良かったから。彼は日本のナンバーワン投手だから、頑張ってほしい」



◆西武・伊東監督
 「彼の昔からの夢でもあったと思う。大リーグに行っても、松坂らしく全力を出し切る投球を期待している」



◆ドジャース・斎藤隆投手(36)
 「シーズン中から選手間でも(松坂は)うわさになっていた。『サイトウよりすごい選手か?』と聞かれたので『悪いけど比べものにならないよ』と答えました」


野球 トラックバック:0 コメント:0

巨人に“伊原イズム”注入!小坂、矢野の凡走にいきなりダメ出し

 新入閣の巨人・伊原春樹野手総合コーチ(57)が29日、川崎市多摩区のジャイアンツ球場で行われた紅白戦で三塁コーチとして始動した。試合後の青空ミーティングでは身ぶり手ぶりで選手に“伊原イズム”を注入。得点能力の落ちた巨人で、大胆な走塁革命を巻き起こす。

 異様な光景だった。プライドの高いG戦士が、芝生に“体育座り”。恭順な態度で耳を傾けた師範役こそ、伊原野手総合コーチだった。

 「頭で分かっていてもできない部分もある。それを選手に教えていかないとね」。言葉は優しくても、身ぶり手ぶりを交えた激しいジェスチャーが、G改革への断固たる意識をうかがわせた。この日のポイントは2カ所あった。

 【レッスン1】一回無死一塁。2番・岩舘の三塁線への絶妙バントで見せた一走・小坂の二塁へのスライディング。

 【レッスン2】七回無死一、三塁で重盗を試みたものの、一走・矢野が簡単に盗塁死。結果的に三走も憤死で併殺。

 これらの反省点に対する“伊原師範”の見解は実に明白だ。「小坂は(完全にセーフなのだから)スライディングではなく、三塁を狙う姿勢を見せないと。矢野は(ベースの)2、3メートル手前でアウト。それじゃあ話にならない。審判もお客さんが見てもアウトかセーフかどっちだろうと思う走塁をしないと」

 矢野については青空ミーティングで名指しで猛省を促したほど。あえて“いけにえ”を作ることで選手の積極性と危機感をあおった。これには伊原氏の招へいに動いた原監督も「基本的なこと。どんなすごい選手だって基本はあるからね」と大満足の様子だ。

 「気がついたことをすぐに言うのは、西武からやってきた。それで選手も覚えていった。巨人のレベル? そんなに低くないよ」。4年連続V逸の“負け犬根性”を根本から変えるべく、伊原コーチの挑戦が始まった。


(山田貴史)

◆巨人・小坂
 「セカンドで止まるんじゃなくて、先の塁を狙っていけ、ということでした。サードも(前に)出てきていたので、たとえ狙えなくても、狙おうとしていかなければ」



★川中がスイッチで大活躍!

 今季終盤からスイッチヒッターに転向した川中が、右で左で大活躍。紅組の『2番・中堅』で先発出場し、右打席の三回は二塁打、五回に左前打。左打席に入った七回も右越え二塁打と3安打を放った。12月に33歳を迎える川中は「まわりが若いので積極性を見せないと。がむしゃらです」。秋季キャンプでも慣れない右打席で徹底的に打ち込む予定だ。


★日米野球辞退者続出でG投に“シワ寄せ”

 巨人投手陣が、辞退者続出の日米野球(11月3-8日)で“シワ寄せ”を食う形となった。西武・松坂、ソフトバンク・斉藤和らに加え、アジアシリーズ(11月9日-12日)に出場する日本ハム勢の出場が微妙に。日米野球は巨人の親会社である読売新聞が主催していることもあり、巨人が投手の補充を要求されていることが分かった。

 上原、高橋尚などベテラン投手はオフに入っており、急きょ久保、西村ら若手をリストアップ。しかし、それぞれ秋季キャンプ(11月4日から、宮崎)に向けて調整を進めていることなどから現場サイドは一時混乱した。

 さらに全日本選抜の監督で、野手の補充を自軍で行うことを決めた楽天・野村監督が第1戦(3日、東京ドーム)の先発に内海を指名。初戦先発の大役もG投が引き受けることになった。内海は困惑顔で「いろいろ考えたら緊張して投げられないので、自然体でやります」とひと言。気持ちを切り替えていた。


★高橋光を獲得へ

 巨人が中日を戦力外となった高橋光信内野手(31)の獲得に乗り出す可能性のあることが29日、明らかになった。

 高橋光は現役続行を希望しており、右の野手強化を目指す原巨人にはうってつけの存在。原監督もこの日、「まだどうとはいえないけど、いい選手ではあるよね」と前向きな姿勢を見せた。

 高橋光には阪神も興味を示しているとされるが、出身は原監督の母校・東海大の“姉妹校”の国際武道大。シーズン中も試合前に必ずあいさつに訪れるなど原監督を慕っており、救いの手をさしのべる可能性は高い。


野球 トラックバック:0 コメント:0

| ためコムTOP |

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。