スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

NEC、液晶テレビ搭載デスクトップPCの一部で発火の恐れ

 日本電気(NEC)は18日、2003年11月から2004年6月に製造した液晶TV搭載デスクトップPC「VALUESTAR H」および「VALUESTAR G タイプH(Web直販専用モデル)」において、電源ユニットに使用している一部の部品が不良により発熱し、発煙・発火に至る可能性があることが判明したと公表した。

 今回の件での対象機器は、上記期間に製造された製品のうち、型番が「PC-VH3007A」および「PC-VG11NWZEF」のもの全台(合計出荷台数:14,600台)。対象となる製品では、2005年10月中旬および2006年11月中旬に1件ずつ発火事故が発生しているが、幸いにもPC本体の一部が損傷しただけで、ユーザーの人体ならびに建物への被害はなかったという。

 同社では、対象製品の電源ユニットに使用している一部のコイルが材質不良により高温になる場合があり、その熱を受けた一部のコンデンサが徐々に劣化していくのが直接の原因だとしている。また、この状態のまま使用を続けた場合、コンデンサが異常発熱し、発煙・発火に至る可能性があるという。

 これに伴い、同社は安全確保のため対象製品を預かり、電源ユニット交換を無償で実施するとしている。また、同社ホームページの「重要なお知らせ」や12月19日の新聞紙面に掲載する告知広告により、部品(電源ユニット)交換が完了するまで対象製品の使用を中止し、専用問い合わせ窓口まで連絡するようにユーザーに呼びかけていくとしている。

 なお、フリーダイヤルの専用窓口は18日から開設されており、ユーザーからの部品(電源ユニット)交換に関する相談および製品預かりの受付を行っている。

 専用窓口は以下のとおり。

●電話
・VALUESTAR H お客様相談センター:0120-891-218(フリーダイヤル)
 ※携帯電話、PHSからも利用可能
 受付時間:平日9:00~17:00、土・日・祝日9:00~17:00(但し、2007年2月4日まで)

●Webサイト
 http://121ware.com/navigate/support/vsh/

スポンサーサイト

リコール トラックバック:0 コメント:0

Wii320万台のストラップ自主回収へ 切断の恐れ

 任天堂は15日、2日に発売した新型ゲーム機「Wii(ウィー)」のコントローラーに付いているストラップを自主回収するとホームページ上で公表した。ゲーム中に強度不足でストラップが切れる恐れがある。回収対象は全世界で320万本、国内では37万本。また、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」と「DSLite」の充電器(ACアダプター)が過熱・発煙する恐れがあるため、20万個を回収する。

 Wiiの出荷台数は国内で約50万台、全世界で150万台超の見込み。本体付属分だけでなく、別売りコントローラーのストラップも回収対象で、回収費用は数億円の見通し。

 Wiiは棒状のコントローラーを剣やバットのように振り回して遊ぶ。手を離しても飛ばないように手首にストラップをかけるが、すっぽ抜けた際にストラップが切れ、人や物に当たる恐れがあるという。

 任天堂は11月中旬の米国での発売前に強度不足に気付き、ストラップを幅0.6ミリから1ミリに改良した。だが、国内発売後に「ストラップが切れた」という苦情が約50件寄せられ「通常の遊び方では問題ないが、安心してもらうため、1ミリのものに交換を決めた」(岩田聡社長)という。国内では、12月2日の初回販売分の大半が交換対象になる。

 一方、DSの充電器は、製造した電子部品メーカー、長野日本無線(長野市)の製造ラインの不具合で部品が変形している可能性がある。回路に過剰な電流が流れて過熱し、外部の樹脂が溶け、煙が出る恐れがある。回収費用は1億~2億円の見込み。

 Wiiの場合、専用フリーダイヤル(0120・345・164)かホームページから任天堂に連絡すれば、新しいストラップと返送用の封筒が郵送されてくる。

 DSの問い合わせは専用フリーダイヤル(0120・210・557)へ。交換対象は1~6月に出荷された「DS」と、7~10月に出荷された「DSLite」の充電器で、ラベルに「JRC」のロゴがあるもの。


リコール トラックバック:0 コメント:0

苫小牧CO中毒、同機種で10人犠牲

 北海道苫小牧市のアパートで子ども5人を含む計7人の遺体が見つかった事故で、不完全燃焼を起こしたとみられる石油ファンヒーターを巡っては、過去に計10人が犠牲となる7件の死亡事故があり、メーカーが86年から自主回収していたことが道警の調べで分かった。メーカーは9割ほどを回収し、古い機種であることから現在はほとんど出回っていないとみていたが、回収し切れていない中から今回の被害が出たとみられる。

 調べでは、7人はいずれも一酸化炭素中毒死だった。道警は室内にあったヒーターが不完全燃焼を起こし、発生した一酸化炭素により中毒を起こしたとみている。15日から現場のファンヒーターを使って再現実験を行い、機器に起因する事故か、使い方に問題があったかを捜査している。

 このヒーターは豊臣工業(現トヨトミ、名古屋市)製。同社によると、問題の機種はトヨストーブ「LCR―3」。82~83年に2万641台製造した。不完全燃焼の恐れがあると、音や炎の色で警告を出す設計だが、当時は自動停止装置がなかった。1年後に停止装置を付けた改良型を出したが、83年10月に富山県で3人が死亡する事故が発生したのを始め、98年12月までに、7件の事故で計10人が死亡した。

 同社は86年2月から回収に乗りだし、これまでに1万8847台(91.3%)を回収した。回収は今も続けているとしているが、同社幹部は「自然消滅や破棄されていたと思っていた」と話している。

 この機器は、灯油を燃やし、暖めた空気を吹き出す方式。室内の空気を燃焼に使い、室内に排気するため、使用者には1時間に1~2回の換気をするように注意を促すシールを張っていた。

 同社が道警から受けた説明だと、今回の事故ではヒーターの左側面にあるメッシュ状のフィルター付き空気取り入れ口がほこりで目詰まりし、吸気がうまく行かない状態だったという。


リコール トラックバック:0 コメント:0

| ためコムTOP |

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。