スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

「SMAP」の名前も…紅白サプライズ司会候補

 紅白のサプライズ司会者候補には、国民的人気のグループ「SMAP」の名もあがっている。「5人が紅白それぞれに別れ、中居が仕切り役なら視聴率アップは確実」(芸能プロ関係者)というが、交渉はたやすくない。

 また、昨年、番組再生に貢献したみのは、「現在のところNHKからのオファーが来ていない」(周辺)といい、連投は無さそう。もちろん、こうした大物に振られれば、局アナ司会のシンプルな紅白に立ち返るという選択肢も用意されている。

ZAKZAK 2006/11/10

続きを読む

スポンサーサイト

テレビ トラックバック:0 コメント:0

「メディアも怒りが足りない」 NHK命令放送で菅氏

 民主党の菅直人代表代行は9日の記者会見で、NHKへの命令放送について「戦前の大本営発表は全部重要だった。重要だから命令するという論理は報道の自由を全く認識していない暴挙だ」と批判。そのうえで「メディアの皆さんも少し怒り方が足りない。メディア自身がこういう論理のすり替えを許していると、最終的には重要性を政治権力が判断することになる。日本の民主主義に対する挑戦だ」と述べた。

 社民党の又市征治幹事長は談話で「NHKは命令が発せられても安易に受け入れることなく自主編集を徹底して貫き、公正な放送に努めるべきだ」と指摘。共産党の志位委員長も会見で「指示された側も放送の自由、自主性を守る立場で対応すべきだ」と語った。


テレビ トラックバック:0 コメント:0

NHK受信料で割増金・延滞金検討

 NHKが、不払いの多い受信料を徴収しやすくするため、総務省が検討している放送法改正の内容が明らかになった。受信料の支払いを義務化するほか、ウソをついて払わない人に金額を上乗せする割増金制度などを設ける方向だ。総務省は来年の通常国会への改正案提出を目指し、与党などとの最終調整を進める。

 現在の放送法は、視聴者にNHKとの受信契約を結ぶことを義務づけているだけで、支払い義務はその契約が根拠。総務省は支払い義務自体を、放送法に明記する考えだ。

 支払いが滞っている視聴者に料金を上乗せする延滞金制度と、不正に支払いをごまかした場合の割増金制度も法案に盛り込む方向だ。割増金は、テレビを見ているのに「捨てた」などと言って支払わない場合などに請求する。テレビを設置したらNHKに通知することも義務化を検討している。いずれも罰則は設けない。

 NHK受信規約には現在も、6カ月以上の延滞に2カ月2%分の延滞利息を払わせる規定があるが、実際に視聴者に求めたことはない。

 NHK受信料の支払いが全体の7割にとどまり、05年度の受信料収入が前年度比6%減になるなどの事態を踏まえ、総務省は方針転換が必要と判断した。NHKがすでに始めている民事手続き上の督促通告に続き、法的な義務化が実現すれば受信料のあり方を大きく変える措置になる。


テレビ トラックバック:0 コメント:0

| ためコムTOP |

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。