スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ダイハツ、新型小型乗用車「COO(クー)」を発売

 ダイハツは、コンパクトボディながら大人5人が快適に着座できる居住性を確保した新型小型乗用車「COO(クー)」を発表。本日より発売開始した。
 「ユニーク エモーショナル ワゴン」をコンセプトに開発され、クラストップレベルとなる室内長1,940mmを実現。スライド量240mmのリアシートスライド機構を搭載するなどして、高い居住性を確保したのが特徴だ。さらに、専用サスペンションの採用などにより、しなやかな乗り心地も実現している。なお、空気清浄機能として、車室内に浮遊するカビ菌の活動を抑制するシャープのプラズマクラスター技術を採用。オートエアコンには、乗員の顔面付近に清浄なエアーを流し、花粉をすばやく低減させる「花粉除去モード」が設定(一部車種を除く)されている。価格は、136万5千円~(税込)。

スポンサーサイト

 ダイハツ トラックバック:0 コメント:0

ダイハツ工業、「ブーン」にモーターレース用車両

 ダイハツ工業は小型乗用車「ブーン」にモーターレースに参加できる四輪駆動の車両を追加し、発売した。5速手動変速機(MT)を採用して運動性能を向上したほか、タイヤの安定性を高めるため、前後各1本スタビライザーも設置した。モーターレースなどの参加者向けに売り込む。

 発売したのはスポーツ参加用の車両「X4(クロスフォー)」と、窓にスモークドガラスを採用するなど装備を充実させた「X4 ハイグレードパック」。排気量936ccのツインカム4気筒インタークーラーターボ付きエンジンを搭載した。価格は通常仕様の「X4」が183万7500円。「ハイグレードパック」は204万7500円。

 ダイハツ トラックバック:0 コメント:0

ダイハツの「ブーン」にモータースポーツ仕様

 ダイハツ工業は、人気の小型乗用車「ブーン」にモータースポーツ用ベース車両「X4(クロスフォー)」を新設定。10日から発売を開始した。

 新レギュレーションに合わせ、総排気量936ccツインカム4気筒インタークーラーターボ付エンジンを新開発。そのパワーを引き出すためにクロスギヤレシオ5速トランスミッション、専用スタビライザーなどを採用、そのままレースに出れる高スペック車だ。

 相坂忠史取締役は「これで今年もWRCラリージャパン等への出場、ダイハツチャレンジカップの開催など、スモールカーでのモータースポーツの楽しさを追求してゆく」と語った。価格は、X4が183万7500円、ハイグレードパックが204万7500円。

ZAKZAK 2006/03/13

 ダイハツ トラックバック:0 コメント:0

| ためコムTOP |

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。