スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

トヨタ、レクサス旗艦車種「LS」を発売

 トヨタ自動車は19日、高級車ブランド「レクサス」の旗艦車種、LS460を発売した。トヨタブランドで売られてきたセルシオの後継車で、10月以降に欧米にも投入、世界規模で巻き返しを図る。国内ではブランド立ち上げから1年余も最上級車が不在だったためにレクサスの販売は伸び悩んでいた。主力の北米市場も原油高などで先行きに不透明感があり、国内でどこまで攻勢をかけられるかが、世界のプレミアムカーへの試金石となる。

 LSは89年9月に米国で初代が発売された。17年ぶりに一新した排気量4.6リットルのガソリンエンジンを搭載し、歩行者を検知して警告する安全システムなど世界初の技術をふんだんに盛り込む。

 希望小売価格(税込み)は770万~965万円。中心価格帯は770万円で、競合車種と想定するメルセデス・ベンツのSクラスの主力車(1396万5000円)やBMWの7シリーズの主力車(1115万円)より割安に抑えた。

 渡辺捷昭社長は同日の記者会見で、レクサス車の世界販売(05年は39万6000台)はLS投入で大幅に増えるとしたが、当初48万台としていた06年の販売計画は1万台程度下方修正した。欧州では6割増の4万5000台程度と大きな伸びを見込むが、前年に約31万台を売った主力の北米が34万台程度と、期待ほど伸びないと見るからだ。

 「米国一辺倒ではプレミアムブランドの地位は確立できない」(トヨタ幹部)こともあり、これまでは伸び悩んでいたおひざ元の日本で、LSを核にどこまで欧州の高級車を切り崩せるかが、レクサスの世界戦略の成否を左右することになる。

 トヨタが掲げるLSの国内月間販売目標は1300台。昨年のレクサスIS(旧アルテッツァ)で見込んだ1800台に比べると慎重だが、すでにLSの予約受注は9000台強。年内に1万台の販売を見込んでおり、00年の旧セルシオの全面改良時より滑り出しは順調で、レクサス車の国内販売計画の3万台は「LS投入で達成できる」という。

 07年春にはLSにハイブリッド版や全長の長いモデルを投入して「世界販売50万台超えを狙う」(渡辺社長)。ただ、GS(旧アリスト)やISなど既存車種の販売に弾みがつかなければレクサス全体の底上げは難しい。旗艦車種投入の相乗効果をどう生かしていくのか。トヨタが挑んだブランド戦略は正念場を迎えることになる。

スポンサーサイト

 トヨタ トラックバック:0 コメント:0

高級車「レクサスLS」予約1万台超に…トヨタ見通し

 トヨタ自動車は、9月19日に発売する高級車「レクサスLS」の予約受注が1万台を超えるとの見通しを26日、明らかにした。

 価格設定は770万~965万円。この価格帯の高級車は、年間販売台数が1万台に届かないことも多く、「LS」の予約台数は異例と言える。


 トヨタは7月からLSの予約受注を始め、現時点で8000台を超えた。乗用車の販売では通常、試乗して乗り心地を確認してから購入を決める消費者が多く、予約受注という手法自体が珍しい。


 「レクサス」ブランドは昨年8月に日本で発売して以来、苦戦している。LSでは、来年春に発売予定のハイブリッド車が1000万円超となる見込みで、巻き返しを狙う。

 トヨタ トラックバック:0 コメント:0

歴代「カローラ」ズラリ…生誕40周年で記念展

 お父さんにとって懐かしい車が勢ぞろい-。トヨタ自動車はきょう22日から、同社の代表車「カローラ」の生誕40周年を記念した展示を東京・お台場の展示施設「メガウェブ」で開催している。今秋10代目のカローラが発売されるのを前に、初代から9代目までのモデルが勢ぞろいした。入場無料。

 初代カローラは昭和41年10月の発売。手ごろな価格と安定した性能で日本のマイカーブームをリード、44年以降は車種別国内販売でほぼ毎年トップになっている。現在は国内外16カ国・地域で生産しており、平成18年6月末現在の累計世界販売台数は3164万台に達した。

 原油高に伴い世界的に低燃費車への需要が高まる中、トヨタは10代目に新型エンジンを搭載するなど、さらに環境性能を高めて投入するという。

ZAKZAK 2006/08/22

 トヨタ トラックバック:0 コメント:0

| ためコムTOP |

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。