スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

W43S

 ソニー・エリクソン製のCDMA 1X WIN端末。音楽機能が重視されており、ほかのau秋モデル同様にヤマハ製の音源チップを搭載し、24時間の連続再生が可能。マイク付きリモコンも同梱される。おサイフケータイで、240×432ドットのワイドQVGAディスプレイを搭載している。

 メインディスプレイの解像度は、横はQVGAと同じ240ドットだが、縦は112ドット大きい432ドットとなっている。縦横比で見ると、HD画像(いわゆるハイビジョン)の縦横比(16:9)に近い、9:5(16.2:9)。メインディスプレイの表示には、ソニーの液晶テレビ「BRAVIA」に搭載されている技術を元とした、コントラスト向上と輪郭強調をする画像処理エンジン「RealityMAX」が搭載されている。

 メインディスプレイ側の背面は着せ替えパネル「Style-Upパネル」になっており、標準パネル以外に2枚のパネルが同梱される。パネルは光が透過するようになっており、本体のパネル部分が全体的に発光し、着信通知LEDのような役割を果たす。サブディスプレイはボタン側背面に搭載されている。カメラやFeliCaのアンテナ、ソニー・エリクソンのロゴなどはすべて、ボタン側背面に配置されている。

 カメラには201万画素のCMOSを搭載し、最大で1600×1200ドットの静止画を撮影できる。ディスプレイ解像度に近い1600×900ドットの撮影にも対応。フォーカスは手動切り替え式で、マクロ撮影に対応する。メモリカードとしてはメモリースティックDuoおよびメモリースティックPRO Duoに対応し、最大4GBまでがサポートされる。

 音楽再生機能としては、LISMOとATRAC形式のオーディオに対応する。ヤマハの再生支援の音源チップ「MX-73i」を搭載し、最大で連続24時間の再生が可能となっている。ソニー製のステレオイヤホンと、マイク付きリモコンが同梱される。

 おサイフケータイに対応し、JCBのクレジットサービス「QUICPay」をプリセット。Edyの残高をサブディスプレイで確認する「クイック確認 For Edy」などの、ソニー・エリクソンオリジナルアプリがプリインストールされるが、Edy自体はプリインストールされず、これらのアプリを利用するには、別途Edyをダウンロードして登録する必要がある。

 ナビウォーク機能では、内蔵する電子コンパスにより、地図のヘッドアップ機能が利用できる。日本語入力システムにはPOBox Proを搭載する。カーソル自動移動までの待ち時間などを自分の好みに応じてカスタマイズできる。

スポンサーサイト

 携帯電話 トラックバック:0 コメント:0

8GバイトHDD搭載の「スーパーミュージックフォン」、Samsungから

 Samsung Electronicsは8月23日、8GバイトHDDを搭載した「スーパーミュージックフォン」を韓国で発表した。

 この端末「SCH-B570」は、MP3ファイルなら約1600曲(1曲4Mバイトの場合)、Personal Media Player(PMP)ムービーなら16本(1本400Mバイト)、デジタル写真なら2万枚以上(1枚300Kバイト)を格納できる。

 また「スーパーミュージックフォン」と称するとおり、高度なオーディオも備えており、5.1チャンネルバーチャルステレオ、エコー効果などの機能を提供する。

 またピクチャー・イン・ピクチャー機能もサポートし、ユーザーは衛星デジタルマルチメディア放送とPMPムービーを同時に視聴できる。2メガピクセルカメラも搭載する。

 SCH-B570はモーション認識技術を使ったスヌーズアラーム機能も備える。アラームが鳴ると、ユーザーは端末を振る動作でそれを止められるが、数分後にはまたアラームが鳴り出す。

 同製品は今月中に韓国でリリースされ、価格はおよそ800ドル。通信方式はCDMA 2000 1XEVDO。

 携帯電話 トラックバック:0 コメント:0

au、手軽に音楽再生を楽しめるコンパクトボディの「W31SA II」など、au携帯電話の新製品3機種を発売

 KDDI(au)は、au携帯電話のラインアップに、コンパクトボディの「W31SA II」など3機種を追加。9月下旬より順次発売する。

 「W31SA II」(三洋電機製)は、キー部分をコンパクトに収納できる「スライドスタイル」を採用。ミュージックプレーヤー機能やFMラジオアンテナ、フロント3Dサラウンドスピーカーを搭載しており、「着うたフル」や「SD-Audio」などの音楽再生を高音質に楽しめる。133万画素のカメラ機能を備え、Eメールアドレスや電話番号などを読み取れるOCR機能や、読み取った英単語の意味を表示する「カメラde辞書」といった機能を利用可能。AAC形式でのICレコーダ機能や、メニュー画面などをディスニーのキャラクターに設定できる「with Disney!」なども採用している。

 また、「A5514SA」(三洋電機製)は、海外16ヶ国での通話やデータローミングが可能な「GLOBAL PASSPORT」に対応。「カメラde辞書」対応の131万画素カメラを装備するほか、GPSを用いてユーザーの現在地を知らせる「安心ナビ」や、端末を閉じるとロックがかかる「閉じるとロック」といった安心機能も備える。

 このほか、大きくて押しやすい「でかキー」や、音声を聴き取りやすい大型スピーカーと「でか受話音量」などを採用した基本機能充実モデル「A5516T」(東芝製)もラインアップされた。

 携帯電話 トラックバック:0 コメント:-

| ためコムTOP |

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。